NEW

世歩玲(せふれ)、愛保(らぶほ)…人の名前がキラキラネーム化する理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ここ数年、何かと話題のキラキラネーム。「ドキュン」を文字って「DQN」ネームともいわれる。例えば「黄熊」と書いて「ぷう」、「今鹿」と書いて「なうしか」−−言われてみれば「なるほどねぇ」だが、通常の漢字の読みではありえない奇抜な読み方だ。

「翔馬(ぺがさす)」「騎士(ないと)」「七音(どれみ)」も同様だが、「火星(じゅぴたー)」「桜(ぴーち)」となると、付けられた当の子どもにとっては、ちょっと恥ずかしいかもしれない。ちなみに英語で火星はMars(マース)、桜はCherry(チェリー)だ。性的なマイナスイメージと結びつく「妃仁(ひにん)」「泡姫(ありえる)」「世歩玲(せふれ)」「愛保(らぶほ)」という名前まであるようだ。

「龍飛伊」と書いて「るふぃ」と読むことはまずないし、「楽気(らっきー)」「主人公(ひーろー)」「光宙(ぴかちゅう)」となるとほとんどシャレか判じ物の世界。読み方がわからなかったり違う読み方をされると、本人かどうかが同定できない。すると治療や手術ができなくなる、あるいは大規模災害の避難所で適正な行政サービスが受けられないかもしれない……というのはまったくのデマだが、行政機関にとって“難物”であることは否定できない。

 そんなこともあってか、政府のIT戦略本部のなかに、氏名の読み方をデータベース化して一定の枠を設定し、公的個人認証システムと連動させたらどうかという意見があるという。現時点では“思いつき”の段階で、仮に俎上に上がっても議論が始まるのは4月以後だ。

戸籍に「ふりがな」の記載はない

 
 ずっと以前、「○子」(まる子/れい子)という名前で出生届が提出され、有効か否かの議論があった。結論は「否」で、「○」は常用漢字でも人名用漢字でもない、というのが理由だった。常用漢字2136、人名用漢字863のなかで「まる子」にしたければ「丸子」、漢字の「〇」に最も近い意味の「れい子」なら「零子」が常識的なところだろう。

 もう一つ思い出すのは、1994年1月に話題となった「悪魔ちゃん命名騒動」だ。1993年8月、東京都昭島市に「悪魔」と命名された男児の出生届が提出され、市は「児童の福祉を害する可能性がある」を理由として不受理とした。命名権と手続きの正当性をめぐって裁判となったが、同年5月、父親が類似した音の名前で再々提出した届出が受理されて、抗告審は未決終了となった。

世歩玲(せふれ)、愛保(らぶほ)…人の名前がキラキラネーム化する理由のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、キラキラネーム出生届常用漢字の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!