NEW

木村拓哉と山口智子、今さら「落ちぶれコンビ」共演の裏事情…生き残りに必死

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 木村拓哉山口智子が、22年の時を経て再共演を果たすことがわかった。2人は社会現象となった1996年放送のヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)で恋人役を演じ、今回木村が主演を務める『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)では“元夫婦役”を演じるという。山口が出演するのは第6話と第7話(2月22日、3月1日放送)。2人の掛け合いに放送前から注目が集まっているが、木村と同じ元SMAPメンバーの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人がジャニーズ事務所を退社してから下がり続けていた木村の好感度が、“ロンバケコンビ復活”で上がる可能性も出てきた。

『BG』はかつて敏腕のボディーガードとして働いていた木村演じる島崎章が、ある事件をきっかけに警備会社に身を転じて工事現場の一警備員となっていたが、身辺警護課の新設を機にボディーガードに復帰を決意するところから始まる。劇中でメールをしている場面がしばしば流れ、視聴者の間では「メールの相手は、誰なんだろう」といった声が相次いでいたが、まさかその相手として山口智子がキャスティングされるとは誰もが予想していなかっただろう。

「今回の大抜擢には、木村の好感度をとにかくあげたいというジャニーズの意向もあるようです。香取ら3人が退社してから、ずっと悪者扱いですからね。しかし、ロンバケはフジテレビの作品で、フジにしてみれば今回の共演は自社で実現したかったと思いますよ。木村はここ数年、フジのドラマになぜか出演しないので、フジで実現することは難しかったのでしょう」(テレビ局関係者)

 確かにここ3年、木村はテレ朝とTBSのドラマで主演を務めているが、フジのドラマ出演はない。フジも視聴率が低迷しスタッフたちのモチベーションが下がっているとも報じられているが、木村を起用しても数字が取れないと思ってのことなのか。一方、今回ロンバケコンビが復活することに対して、世間ではポジティブな意見のほうが目立つ。木村にとって転機となるのだろうか。

「ロンバケは社会現象にまでなったドラマですから。当時生まれていなかった人たちでさえ、再放送などで見たことがあると思いますよ。それに、今回いい思いをしているのは木村さんだけではありません。ここ数年で女優復帰した山口は、どの作品に出てもピンと来ていませんでした。でも、木村とのコンビ復活でまた女優としての実力が注目されれば、今後の活動にいい影響が出てくるかもしれません」(別のテレビ局関係者)

 再共演を果たす木村・山口コンビへの世間の反応が気になるところだ。
(文=編集部)

木村拓哉と山口智子、今さら「落ちぶれコンビ」共演の裏事情…生き残りに必死のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ山口智子木村拓哉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!