NEW

ピーコが明かす禁断の恋とは…「数百万円を貢いで捨てられた」噂に決着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ピーコが明かす禁断の恋とは…「数百万円を貢いで捨てられた」噂に決着の画像1
Amazon サイトより

 2月23日放送予定の『爆報! THEフライデー』(TBS系)に、ピーコ(73)が出演する。番組では誰もが知る“俳優N”との禁断の恋についてピーコが初告白し、別れから29年が経った今、再会を果たすのだという。

 双子の“オネエタレント”として70~00年代には全国放送のテレビで大いに活躍していた「おすぎとピーコ」。おすぎは映画評論家、ピーコは服飾評論家としてともに毒舌で鳴らし、ワイドショーのファッションチェックコーナーで人気を博した。今はなき『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にも二人で長期間レギュラー出演していたが、ここ数年は関西など地方に活動拠点を移したと見られており、全国区のテレビバラエティで見かける機会は少なくなった。

 ピーコが全国放送のテレビ番組にほとんど出演しなくなった理由としてもうひとつ「政治的な発言をしてほしくないからでは」と見る向きもなくはない。ピーコは”日本国憲法と私たちの生活のつながりについて考えたり、憲法に関するさまざまな出来事や議論について、広く伝えるためのウェブサイト”「マガジン9」の発起人として名前を連ねている。17年の憲法記念日には護憲派のひとりとして集会に参加し、自民党が2012年にまとめた憲法改正草案の不備を指摘。「憲法を改正することは許しません」と訴えた。16年8月に、同年7月放送の永六輔さん追悼番組『永六輔さんが遺したメッセージ』(NHK)にて「『永さんは戦争が嫌だって思っている。戦争はしちゃいけないと。世の中がそっちのほうに向かっているので、それを言いたいんでしょうね』と言ったら、そこがばっさり抜かれていた」と「朝日新聞」で告発したこともある。ただそうした思想信条を理由にマスメディアから遠ざけられるいわれはなく、むしろあってはならないことだ。

ピーコが明かす禁断の恋とは…「数百万円を貢いで捨てられた」噂に決着のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!