NEW

広辞苑にお願い! 「半陰陽」や「両性具有」が侮蔑的で誤解を与えるものである理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

広辞苑にお願い! 「半陰陽」や「両性具有」が侮蔑的で誤解を与えるものである理由の画像1
Thinstock/Photo by peshkov

 今年1月に出版された「広辞苑」の第7版に追加された「LGBT」という項目に間違いがあるということを、遠藤まめたさんが指摘されていました(「広辞苑にLGBTが登場。しかし、内容がおかしい」)。

 それにしても新広辞苑を手にとってみて、総頁数3216頁、総項目数25万語というのを具体的な重さとともに実感しました。新広辞苑は「LGBT」の他に「しまなみ海道」の間違いも指摘されていましたが、これだけ他分野の項目を、どれだけの人数の人で書いてるの? 25万語のチェックってどれだけの人でやってるの? と考え、どこまでも果てのない道を想像しました。僕なら項目を数えるだけでも途中で気を失うでしょう。岩波書店さんも訂正の検討をしているということ。言葉は時代とともに移り変わるもの。とても素早い対応に驚きました。

 さて、DSDs(体の性の様々な発達/性分化疾患)はどうなっているんだろう? DSDsとは「これが一般的だとされる女性・男性の体とは生まれつき一部異なる体の状態」を表すものです。外性器の形状や大きさ、染色体や性腺の構成が「普通」とされる状態とは少し違っていたり、女性の生まれつきの子宮の有無など様々な体の状態があります。

広辞苑にお願い! 「半陰陽」や「両性具有」が侮蔑的で誤解を与えるものである理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!