NEW

JUJUはクビを賭けて決意、hydeは禁煙太りを告白! 歌手・芸人たちそれぞれの禁煙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

JUJUはクビを賭けて決意、hydeは禁煙太りを告白! 歌手・芸人たちそれぞれの禁煙の画像1
JUJU Instagramより

 「禁煙したほうが身体に良いのはわかっているけど難しい」という喫煙者は少なくないだろう。最近では至るところで分煙化が進んでいるが、完全禁煙の施設も増えており、今後、喫煙者は間違いなくマイノリティ化していく。そこで今回は禁煙した芸能人を紹介しよう。

 まずは歌手のJUJU(42)。喉は歌手の生命線であり、タバコはまさに百害あって一利なし。この数年で宇多田ヒカルや安室奈美恵が「喫煙シーン」を週刊誌に撮られ、「喫煙者なのにあんなに歌えるのか」とファンを驚かせたが、JUJUもデビューした当初は喫煙者だった。しかしCDはなかなか売れないうえ、年齢を重ねるごとに声がしゃがれていき、「自分は歌手に向いてないのかな」と歌手を辞めようとしていた時、ディレクターに「レコード会社辞めるか、タバコ止めるかにしろ」と言われて、禁煙を決意。禁煙に成功すると、しゃがれ声は改善され、音域も2オクターブほど広がったという。

 “喉が命”とされる歌手だからこそ、JUJUのように禁煙に成功した元喫煙者は少なくない。スガシカオ(51)も以前は、少なくても1日40本は吸うほどのヘビースモーカーだったが、自身のツアー中に喉を傷めたことで、2002年に禁煙を決意し禁煙外来に通ったそう。椎名林檎(39)は2004年にラジオにて禁煙を始めたことを告白し、「痰が出なくなって女性らしくなりました」と効果を語っていた。ちなみに椎名林檎が実行した禁煙方法は、1カ月かけてタバコの本数を減らした後に「読むだけで禁煙出来る本」を読むものだった。

JUJUはクビを賭けて決意、hydeは禁煙太りを告白! 歌手・芸人たちそれぞれの禁煙のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!