NEW

小泉今日子の不倫騒動、新たな展開で泥沼状態突入? 女優生命の危機? 

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉今日子

 小泉今日子が所属事務所バーニングプロダクションからの独立発表と、交際を報じられてきた俳優の豊原功補との不倫を告白したのは今月1日。それを受けて、新たな動きを見せているのが、小泉を中心とした女優の会「小泉会」の行方だ。

「小泉会」とは、会長の小泉を筆頭に、米倉涼子、天海祐希、長澤まさみ、内田有紀、石原さとみ、綾瀬はるか、吉高由里子、北川景子、土屋太鳳、波瑠らが参加する、女優の最大派閥として知られており、一時は「小泉会にあらずんば芸能人にあらず」とまで言われていた。

「『小泉会』は、ただの親睦会にとどまらず、仕事における“互助会”的な機能を果たしてきました。かつて、小泉とNHKの朝ドラ『あまちゃん』で共演した能年玲奈が所属事務所と揉めた際にも、小泉が相談に乗っていたと報じられましたが、スキャンダルから守ってもらったり、仕事を助けてもらったり、参加している人たちにはいろんなメリットがあったんです。しかし、今回の独立を受けて、小泉さんはバーニングを抜けたので、もうキャスティングに力はないし、スキャンダルから守ってもらうこともできなくなった。だから、『次は誰かお願いね』と、“後継者”への引き継ぎ問題が出てきているようです」(芸能事務所関係者)

 小泉会の“幹部”的ポジションにいるのは、米倉涼子、天海祐希の2人。米倉については、自身もまた上戸彩、武井咲らオスカーメンバー中心の「米倉会」をつくっており、その影響力を強めてきた。小泉の力がなくなった今、誰が女優界の顔役になるのか、その跡目争いに発展しそうだと、関係者は続ける。

「小泉さんの今回の“不倫告白”について、さまざまな憶測を呼んでいますが、煮え切らない豊原さんに対し、ついに攻めに入ったというのが真相のようです。どうやら今週、また新たな動きがあるようなので、かなりの泥沼状態になると一部ではみられており、もしそうなれば、いくら小泉といえども女優生命に危機を迎えかねません。第2、第3ラウンドはこれからでしょう」(別の芸能事務所関係者)

 もはや、ほかの女優たちを助けている場合ではなくなった小泉。果たして女優界のトップに君臨していた彼女の未来は明るいのか――。まだ、話題は続きそうだ。
(文=編集部)

小泉今日子の不倫騒動、新たな展開で泥沼状態突入? 女優生命の危機? のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、バーニングプロダクション不倫小泉今日子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事