NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『バイプレイヤーズ』が大杉漣の「追悼ドラマ」に見える理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」より
 2月21日水曜日、俳優の大杉漣が亡くなった。


 数々の映画やドラマに出演し、名脇役として知られる大杉の突然の訃報に多くの人々が悲しんでいる。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)には交流のあった俳優や映像関係者からの追悼の言葉が多数寄せられており、その幅広い人間関係と、無名の俳優や映像関係者に対しても分け隔てなく誠実に接していた大杉の人柄が、あらためて伝わってくる。

 いわゆる国民的スターではなかったが、多数の映画やドラマに出演していた大杉は、日本人にとっては親戚のおじさんのような親しみを感じる俳優だった。日本のエンターテインメント業界において、その存在が大きかったことをあらためて実感させられた。

 そんな彼の遺作となってしまったのが、水曜夜9時54分からテレビ東京系で放送されている『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』だ。

 大杉が急逝した21日は第3話の放送日だったのだが、訃報がショックだったのは、本作が放送される数時間前に報道されたということもあるだろう。本作のホームページによると、「ご遺族、事務所、キャストの皆様のご意向もあり、あえて予定通り放送」したという。

感情を揺さぶる『バイプレイヤーズ』の大杉漣


 本作は、昨年、深夜ドラマとして放送された『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』の続編だ。

 タイトルの通り、大杉漣、遠藤憲一、松重豊、田口トモロヲ、光石研、寺島進(スケジュールの都合で今回は不参加)という、普段は脇役(バイプレイヤー)として活躍する俳優をあえて主人公に据えたドラマだ。登場する俳優たちはすべて本人役で出演しているのが特徴で、大杉も本人役で出演していた。

 落ち着かない気持ちのまま、本放送を見た。

 先ほど亡くなったと報道された俳優が元気な姿で登場し、なおかつ本人役で出演している姿はとても不思議な光景だった。第3話は、吉田羊や板谷由夏といった女性バイプレイヤーたちの悩みを中心に描いたコミカルな回だったのだが、本編とは関係ないところで登場する大杉の姿に感情が揺さぶられてしまい、最後まで目が離せなかった。

 訃報が突然のことだったので、こちらが過剰に読み取っている部分は否めないだろうが、最後にテロップが出る以外は今まで通りの放送だったからこそ、逆に追悼ドラマのように見えてしまったのだ。

 これは、制作サイドとしては複雑なものがあるかもしれない。オープニングとエンディングでは、バイプレイヤーの面々が黒のスーツにサングラスという姿で登場するのだが、まるで喪服を着ているように見えた。

 もともと、本作は完全なドキュメンタリーではない。今回の続編では、「テレ東初の朝の連続ドラマ『しまっこさん』に出演するために離島に向かったバイプレイヤーたちが遭難してしまうところから始まる」という展開で、ストーリーはつくり込まれている。

『バイプレイヤーズ』が大杉漣の「追悼ドラマ」に見える理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、テレビ東京ドラマバイプレイヤーズ大杉漣の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事