NEW

五輪金メダル報奨金6000万でも「野球選手だったら高いとは思わないはず」。ウインタースポーツを取り巻く様々な問題提起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

五輪金メダル報奨金6000万でも「野球選手だったら高いとは思わないはず」。ウインタースポーツを取り巻く様々な問題提起の画像1
Thinstock/Photo by AigarsR

 2月25日に閉会となった平昌五輪。日本選手団は冬季五輪で史上最多の13個のメダルを獲得、選手たちは27日に東京都内で解団式や帰国報告会、地元凱旋などを行った。28日放送の『ビビット』(TBS系)は、メダリストたちの報奨金についてボードを作成し解説した。

 たとえばスピードスケート女子で、新種目の女子マススタートと女子団体パシュート(団体追い抜き)の2種目で金メダルを獲得した高木菜那選手(25)には、JOCと日本スケート連盟からそれぞれ種目ごとに500万円、団体金も一人500万円ずつでもらえるため、合計2000万円の報奨金が贈られるという。高木菜那選手が所属する日本電産サンキョーは会長が「1番以外はビリだ」という信条だそうで、前回ソチ大会で「金メダル獲得は2000万円」と報奨金を設定していたため今回も前大会と同じなら高木菜那は金メダル2つで4000万円、総額6000万円の報奨金を手にするだろうと伝えた。(※実際に日本電産サンキョーは同日、高木菜那選手に報奨金4000万円を出すことと、3階級特進して係長になることを発表した)

五輪金メダル報奨金6000万でも「野球選手だったら高いとは思わないはず」。ウインタースポーツを取り巻く様々な問題提起のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!