NEW

「西川貴教の次は菅田将暉」…菜々緒、熱愛報道でくすぶる「売名癖」説

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菜々緒

 2月22日発売の「女性セブン」(小学館)で、人気俳優、菅田将暉が、菜々緒の自宅マンションにお泊りする様子を写真付きで報じられた。今もっとも旬な俳優といっても過言ではない2人の“お泊り愛”だが、後追い報道が極端に少ないため、それほど大きな話題にはなっていないようだ。スポーツ紙記者は語る。

「菅田の所属事務所トップコートは、芸能界で大きな影響力を持つ老舗の渡辺プロダクショングループの一員。トップコートといえば、広報による規制が厳しいことで知られています。たとえば最近では佐々木希の結婚式でも、式場内の様子はどの媒体にも撮らせませんでした。菅田はまだ若いですが、今や松坂桃李とともに事務所の2大稼ぎ頭です。女性ファンも多く、ちょっとしたスキャンダルがCMのスポンサー契約やドラマの役などのイメージに影響をおよぼすので、事務所としては“熱愛”は極力避けてほしいところでしょう。一方、マスコミも売れっ子を多数抱えた事務所の意向をまったく無視して、他の媒体のスクープを盛り立てても仕方ないので静観しています」

 そんななか、お相手の菜々緒に芸能界では良からぬ話が浮かんでいるという。テレビ局関係者が明かす。

「菜々緒といえば、もともとはそれほど知名度も高くないモデルでした。所属事務所もプラチナムプロダクションというグラビアタレントやモデルに強い事務所で、若槻千夏や小倉優子、トリンドル玲奈、中村アンなどを抱え、本格的に女優としての道を切り開いたのは菜々緒だけといっていい。そもそも菜々緒の知名度を高めたきっかけは、2011年に発覚した西川貴教との熱愛です。菜々緒が交際宣言してからは、報道陣が集まるためにイベントやバラエティ番組への出演が増え、“売名”と言われながらもバラエティータレントのような立ち位置をあっという間に築きました。そして、交際から3年たった頃、破局を告白し、その後、見事“女優”としての階段を駆け上がりました。そのため、今回の菅田との熱愛報道を受け、業界内では『西川貴教の次は菅田将暉ですか』『また菜々緒の売名癖が出たか』などと揶揄する声も聞こえてきます」

 そんな菅田との交際報道について、週刊誌記者は語る。

「2人は交際ではなく、どうやら菅田が菜々緒に誘われて、一晩菜々緒の自宅で一緒に過ごしたという成り行きだったようです。かなり多忙なスケジュールの2人だけに、そのツーショットの様子を絶妙なタイミングで撮られていることは、誰かが情報をリークしていると考えてもおかしくはありません」

 菅田といえば、過去には二階堂ふみや本田翼など、同世代女優たちの熱愛報道があったが、今回ばかりは13時間に及ぶ“お泊り”とあり、“お友達のひとり”という説明にも苦しいものがあるだろう。

「人気の高い俳優を数多く抱えているトップコートだけに、菜々緒の所属事務所全体に共演NGを出す可能性もゼロではなく、今回の熱愛報道は菜々緒にとってリスキーといえるでしょう」(前出と別のスポーツ紙記者)

 2人の交際報道の真相はいかに――。
(文=編集部)

「西川貴教の次は菅田将暉」…菜々緒、熱愛報道でくすぶる「売名癖」説のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、トップコート菅田将暉菜々緒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!