NEW

『BG』、木村拓哉&山口智子「ロンバケ再現」に「オジサンとオバサン」「恥ずかしい」と酷評噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『BG~身辺警護人~』公式サイトより

 木村拓哉主演の連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の第7話が3月1日に放送され、平均視聴率は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。前週第6話の14.8%から一気に1ポイント上げ、初回の15.7%も上回り、現時点での同ドラマ最高の数字を叩き出した。

 同作で木村は、民間警備会社勤めのボディーガード・島崎章を熱演している。同僚の高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)や、上司の村田五郎(上川隆也)とともに、さまざまな任務に立ち向かうほか、警視庁のセキュリティポリス(SP)・落合義明(江口洋介)との対立なども描かれる。

 また、章には離婚した元妻・小田切仁美(山口智子)や中学生の息子・瞬(田中奏生)もいるという複雑な役どころだが、第7話では仁美が「誰かに狙われているかもしれない」として、身辺警護を依頼してきた。元妻からの依頼とあって章は当初、やりづらさを感じていたものの、高梨や村田に背中を押され自ら仁美を警護することにした。

 その流れで、久しぶりに親子3人で食事することになった章だが、同じレストランで厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)と密会していた民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)に恨みを持つ植野雄吾(萩原聖人)が来ていると気づく。植野は銃を所持しており、章や村田、落合の連携プレーで取り押さえられたものの、村田が銃弾で負傷する……という展開だった。

 すでにドラマは折り返しに入っており、最終回までの話数も少ないこのタイミングで視聴率をアップできたことは、制作陣にとって喜ばしいことだろう。木村と、第6話から登場した山口の共演についても、1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)以来とあって、大きく注目されていた。

 今回は章と仁美がラブラブだった時代の回想シーンもあり、インターネット上には「『ロンバケ』の瀬名と南を思い出した!」「『ロンバケ』世代にはたまらん」と、懐かしむ声が多く書き込まれた。なかには、『ロンバケ』を知らない世代が「(ロンバケを)見たくなった」と、興味を示す例もあった。

 一方で、「古臭い」と感じる人も少なくなかった模様だ。『ロンバケ』を意識した演出上、わざと古臭い感じにした可能性もあるが、木村と山口の組み合わせに関して「『ロンバケ』の頃は良かったけれど、今の2人では見ていて恥ずかしくなる」「オジサンとオバサンのラブラブシーンなんて見たくないよ」といった書き込みも散見された。話題になっただけ良かったともいえるが、『ロンバケ』コンビがどれだけ視聴率に貢献したのかは謎である。

 というのも、ネット上では終盤、村田が撃たれたことのほうが衝撃が大きい様子だったからだ。当初から村田のキャラクターだけでなく、彼を演じる上川の好感度も高かったため、「え、嘘でしょ? 村田さんが撃たれたなんて」「村田さん死んじゃ嫌だ!」「絶対に死んでほしくない人物」など、ネット上はざわついている。

 村田の安否は次回、明らかになるとみられ、視聴率アップも期待できる。しかし万が一、村田が第8話で“退場”するようなことになれば、ファンが離れてしまうおそれもある。そういう意味では、同ドラマの数字を握るのは木村や山口ではなく、上川なのかもしれない。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『BG』、木村拓哉&山口智子「ロンバケ再現」に「オジサンとオバサン」「恥ずかしい」と酷評噴出のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事