NEW

フジテレビ、カーリング女子を他局から移動中も撮影…安藤優子の発言に業界内から批判も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ
 3月5日に開かれたフジテレビの番組改編発表会見で、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』といった長寿番組の終了と、4月からスタートする新番組の説明が行われた。


 その席上で熱弁をふるっていたのが、フジテレビ編成センター局次長兼編成部長の立本洋之氏だ。「フジは変わらなければ、変えなければ生き残れない」と率直な思いを吐露したが、番組編成の責任者が口にした“危機感”を局員たちはどこまで自覚しているのだろうか。

「まさに“無自覚”な一面を垣間見たのが、先月27日です。平昌五輪で銅メダルを獲得した女子カーリング日本代表のLS北見のメンバーが『直撃LIVE グッディ!』に出演しました。その際、エントランスホールから入ってきた彼女たちをたくさんのスタッフたちが両側で取り囲み、ハイタッチで出迎えたのです。

 全員がフジの局員なのか、それとも番組に携わっている制作会社などの人間なのかは判然としませんでしたが、片手にはスマホが握られ、どうやら動画撮影している人もいるようでした」(芸能記者)

 フジテレビの入り口はメディアタワーとオフィスタワーの2つがあり、該当の放送を確認すると、彼女たちはオフィスタワーから入ってきたようだ。ロケバスに乗ってフジテレビにやってきた彼女たちは、入り口から仰々しく敷かれたレッドカーペットを歩いて進んでいた。しかし、ハイタッチ、さらには動画まで撮っていたという人たちは一般人の可能性もあるのではないだろうか。

「一般の方でもエントランスまでは入れるので、なかにはそういう方もいたのかもしれません。しかし、あの歓迎の列は、それ以上は入構証がなければ入れないエレベーターの手前まで伸びていましたから、フジの局員もいたのではないでしょうか。しかも、通常であれば昼休みが終わっている14時すぎにスーツ姿の会社員風の男性や私服の中年男性も混ざっていましたから、局員もいた可能性は高いと思います」(同)

 ちなみに、エレベーターの手前で彼女たちを出迎えたヒゲ面の中年男性は、派手なラスタカラーのセーターに髪の毛を後ろで結ぶスタイルだった。それをスタジオで見ていたキャスターの安藤優子らも不審に思う空気が漂うなか、三田友梨佳アナウンサーが「ミーハーな社員がフジテレビ、多いものですみません」と発言していた。

移動中もカメラを回し続けた『グッディ!』


 LS北見のメンバーは、『グッディ!』の直前に『ひるおび!』(TBS系)に出演していた。他局での出演を終えてフジテレビに駆けつけたわけだが、『グッディ!』は移動中の車内でもカメラを回して、到着までの様子を“生中継”していた。

フジテレビ、カーリング女子を他局から移動中も撮影…安藤優子の発言に業界内から批判ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、カーリングフジテレビ五輪安藤優子平昌オリンピック直撃LIVE グッディ!の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!