NEW

日本に女性差別なんてない? 性別で扱いを変えることは「当たり前」じゃない。3月8日は国際女性デー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

 日本に女性差別なんてない? 性別で扱いを変えることは「当たり前」じゃない。3月8日は国際女性デーの画像1
Thinstock/Photo by oneinchpunch

 3月8日は国際女性デーだ。女性差別の撤廃や女性の地位向上を訴える日であり、過去を振り返り変革の声を上げた女性たちの勇気を讃える日でもある。

 日本では、第二次世界大戦後の1945年、女性参政権が正式に認められた。1947年に施行された日本国憲法では男女の平等が明示され、姦通罪も廃止された。憲法24条で次のように定められている。

<婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない>
<配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない>

 1986年に男女雇用機会均等法が、1999年に男女共同参画社会基本法が施行された。1997年以降は共働き世帯が専業主婦世帯を上回っている。厚生労働省が3月2日に公表した人口動態職業・産業別統計によると、2015年度に第一子を出産した母親の45.8%が仕事を持っていた。

日本に女性差別なんてない? 性別で扱いを変えることは「当たり前」じゃない。3月8日は国際女性デーのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事