NEW

木村拓哉のプライド…『BG』視聴率爆増で松本潤『99.9』とデッドヒート&逆転目前?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『BG~身辺警護人~』公式サイトより

 木村拓哉が主演の連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の第8話が8日に放送され、平均視聴率は前回から0.6ポイント増の16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、前週に引き続き自己最高を更新した。

 木村と同じジャニーズ事務所の松本潤(嵐)が主演する今クールの連ドラ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系)が第7話で17.4%をマークしただけに、最新話だけを比べても1ポイントの差をつけられているものの、『BG』も最終回目前でラストスパートをかけてきたようだ。このまま勢いに乗って『99.9』を逆転する可能性もある。木村が事務所先輩のプライドをかけ、意地を見せ始めたようにさえ見える。

 同ドラマでは、民間警備会社のボディーガード・島崎章(木村)が、警視庁のセキュリティポリス(SP)にはできない、民間ならではの警護で依頼人に寄り添う姿が描かれる。島崎が所属する日ノ出警備保障・身辺警護課には、同僚の高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして上司の村田五郎(上川隆也)がいたが、前回のラストで村田が銃弾を受け、救急車で搬送された。

 今回は、村田がそのまま亡くなったところからスタートし、インターネット上では「嘘でしょ!」「村田さん好きだったのに!」「こんなにアッサリいなくなってしまうなんてショック」といった、村田の“退場”を惜しむ声が続出。

 一方でドラマは、マスコミが村田の死を「民間のボディーガードが出しゃばって撃たれた」と批判的に報じ、警視庁も現場に居合わせた政治家やSPへの批判を避けるため、事実を公にしなかったという展開だった。

 残された身辺警護課のメンバーにも悲しみや動揺が広まり、衝突する場面もあったが、村田の汚名を晴らすために動き出し、次週はいよいよ最終回となる。

 事件現場で一部始終を見ていた厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)が、政治家という立場を捨てて「証言者になる」と申し出た一方、何かと民間ボディガードを敵視してきたSP・落合義明(江口洋介)は「島崎を消す」と言い出し、最後まで目が離せない。

 ちなみに、ネットユーザーからは「なぜ足を撃たれただけで村田が死に至るのか」と疑問視する声も出ていたが、発砲した植野雄吾(萩原聖人)は怪しげな外国人から、一般人には見慣れない形の銃を受け取っていたことから、非常に威力が強い改造銃だった可能性が考えられる。ただ、殉死させるのであれば、最初から腹や胸近くを撃たれていたほうが視聴者にもわかりやすかったのではないだろうか。実際に、「展開が無理やりすぎる」などと興ざめする声も少なくない。

 ただ、村田が亡くなったことで、視聴者の間で落合への“期待感”は増したように見受けられる。実は、村田は元警察官で落合の上司だったが、その時に落合のミスをかばって辞職したという過去があるようだ。そのため、ネット上では「落合は“島崎を消す”とか言いながら、警視庁を裏切って何かやってくれそう」といった予想が飛び交っており、「あと一話で終わる内容じゃない」「まだまだ物足りない! もっと見ていたい!」などと盛り上がっている。次週、有終の美を飾れるだろうか。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

木村拓哉のプライド…『BG』視聴率爆増で松本潤『99.9』とデッドヒート&逆転目前?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、99.9BG~身辺警護人~木村拓哉松本潤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事