NEW

『99.9』、浮気ネタぶち込みザワつく…松本潤のAV女優との浮気報道イジり?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』|TBSテレビ」より
 嵐・松本潤が主演を務める連続テレビドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASON2』(TBS系)が3月11日に第8話を迎え、平均視聴率18.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。これは第2話と並ぶ自己最高の数字で、いかに同ドラマのファンが多いかを思い知らされる。


 同作は「有罪率99.9%」といわれる刑事弁護の世界を舞台に、主人公の刑事専門弁護士・深山大翔(松本)が「0.1%の事実」を追求する姿が爽快なリーガルエンターテインメント。第8話は、深山と東京地方裁判所所長代行・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)の直接対決、さらに「深山の敗訴」が予告されていたとあって、視聴者の注目を浴びていたようだ。

 今回、深山ら斑目法律事務所の面々が弁護を担当することになったのは、毒物による殺害事件の容疑者として逮捕、起訴されたニシカワメッキの社長・西川五郎(おかやまはじめ)。事件は、選挙を目前に控える元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所で羊羹を食べた秘書が死亡し、藤堂の妻・京子(森口瑤子)も意識不明の重体になったというもの。羊羹には毒物が混入されており、その送り主こそが西川だったのだ。

 鑑定の結果、毒物は西川の会社が保有するものと一致していたというが、深山はある“矛盾”に気づく。そこで、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から紹介された元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に鑑定を依頼したところ、羊羹に入っていた毒物は過去に起きた別の事件で使用されたものと同じであることが発覚。深山はこうした証拠を持って裁判に臨むも、同裁判の裁判長・川上によって事実をねじ曲げられてしまうのだった……。

 以前に平均視聴率18.0%をマークした第2話は「深山の過去」が精算される内容だったが、今回も「深山の敗訴」といった見逃せない展開を繰り広げて同じ数字を叩き出しただけに、やはり深山(あるいは松本)にスポットが当たる話はファンの関心を集めるのかもしれない。松本や嵐のファンだけが同ドラマを支えているわけではないにしろ、同作のファンにとっても深山というキャラクターは愛すべき存在なのだろう。

 一方で、個人的には、この第8話において正彦に“愛人”がいるという設定を聞いたとき、松本が2016年当時、井上真央との交際を報じられていながらセクシー女優・葵つかさとの“浮気”をすっぱ抜かれた件を思い出し、本人はどのような心境で台本を読んだのか……と気になった。松本主演のドラマで“浮気ネタ”をイジるかのようにぶっ込んでくる脚本に感心すると同時に、あの件は松本やジャニーズ事務所にとって「もう終わったこと」なのかな、とも感じた。

 そんな『99.9』も次週、いよいよ最終回。ラスト直前で自己最高タイの視聴率を記録した上、最後のゲストはHey!Say!JUMP・中島裕翔と、これまたジャニーズファンが喜ぶキャスティングで、インターネット上の話題となっている。ドラマが終わってしまうことを惜しむ声も聞かれ、フィナーレの視聴率次第ではあるが、このまま盛り上がれば『SEASON3』への期待もふくらむかもしれない。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『99.9』、浮気ネタぶち込みザワつく…松本潤のAV女優との浮気報道イジり?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、99.9TBSドラマ松本潤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!