NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『トドメの接吻』、乱暴なドラマだが素晴らしいといえる理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トドメの接吻|日本テレビ」より
 平昌オリンピックの影響もあってか、今クールのテレビドラマの視聴率は軒並み苦戦しているが、『アンナチュラル』(TBS系)や『anone』(日本テレビ系)など見ごたえのある作品が多く豊作だ。


 そのなかでも予想外のおもしろさを見せていたのが、日曜夜10時30分から放送されていた山崎賢人主演のドラマ『トドメの接吻』(同)である。3月11日に放送された最終回の平均視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全話を通じて最高を記録した。

 本作の主人公は、ナンバー1ホストの“エイト”こと堂島旺太郎(山崎賢人)。物語は、女を「金を稼ぐ道具」としか考えていないクズ男の旺太郎が謎の女にキスされるところから始まる。

 キスされた旺太郎は、その場で即死。しかし、気がつくと時間が1週間前に戻っていた。「夢でも見ていたのか」と思う旺太郎だが、行く先々で謎の女にキスされては命を落とす。そして、そのたびに同じ時間を繰り返すことになる。

 謎の女から逃れようと悪戦苦闘する旺太郎だったが、やがて命を狙ってきた女・佐藤宰子(門脇麦)が、実は旺太郎の命を守るためにキスしていたことが明らかになる。彼女は、キスした相手の意識を過去に巻き戻すことができるタイムリープの能力の持ち主だったのだ。

 タイムリープというSF的な題材と、金のためならなんでもやろうとする旺太郎のピカレスクドラマが混ざり合った本作は、本来なら違うジャンルのものを混ぜ合わせたことで奇妙な味わいのドラマに仕上がった。

 映画『時をかける少女』シリーズを筆頭に、同じ時間を行ったり来たりするタイムリープモノはフィクションでは出尽くしており、ありふれた設定だ。しかし、本作は「登場人物があっさり死んでは時間が巻き戻って1週間前からスタートする」という展開にゲーム的なおもしろさがあり、毎回「こう来るのか!」と楽しむことができた。

 とはいえ、一番の魅力は人間くさい登場人物たちだろう。ホストとして生きてきた旺太郎は女を落とす手段を熟知しており、ホテル王の令嬢・並樹美尊(新木優子)を口説いて並樹グループに入り込もうとしていた。

 そんな旺太郎だが、哀しい過去を抱えている。船長だった父親が起こしたクルーズ船の海難事故で弟が命を落とし、実刑判決を受けた父親の代わりに多額の賠償金を払い続けていたのだ。いまだに弟の死を受け入れない母親に対しても複雑な気持ちを抱いており、口では冷たいことを言っていても家族を見捨てることができない、人間くさいところもある。

「土9」を彷彿とさせた『トドメの接吻』


 ドラマ自体は、10代向けの荒唐無稽な話だ。しかし、物語に説得力があったのは力のある若手俳優を揃えたからだろう。

 主演の山崎賢人は、昨年放送されていた『陸王』(TBS系)で就職活動に悩みながら稼業の足袋工場で父親を手伝うまじめな青年役を好演していた。対して本作の旺太郎は真逆のキャラクターで、いい意味で漫画的なケレン味と迫力があった。

『トドメの接吻』、乱暴なドラマだが素晴らしいといえる理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、トドメの接吻ドラマ山崎賢人日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!