NEW

米国に浸透する白人至上主義の実像

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロバート・E・リー将軍の銅像前で行われるデモ活動の様子(写真:AP/アフロ)
 ドナルド・トランプ政権が2年目を迎えたアメリカ。トランプ大統領の就任以降、懸念されているのが“分断”だ。白人と非白人、保守とリベラル……超大国アメリカの動向は世界に影響を及ぼすだけに、国際社会が注視している。


 昨年8月、全米を揺るがす問題に発展したのが、バージニア州シャーロッツビルにおけるロバート・E・リー将軍の銅像撤去をめぐる問題だ。白人至上主義のグループと対抗するグループが衝突し、死亡者が出る事件となった。

 リー将軍は、1861~65年の南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部連合国を率いた人物だ。そのため、「人種差別を助長する」とする撤去派と「歴史を伝えるものだ」とする保存派の対立を招いた。この事件を契機に、アメリカ各地で南部連合国に関係する銅像の撤去や道の名称変更を求める動きが活発化するなど、波紋が広がっている。

 これに対しては反発も強く、「やりすぎだ」「リベラル派の暴走である」といった批判も多い。いったい、この問題の本質はなんなのだろうか。一言で言えば、「アメリカ人の間の歴史認識の齟齬」に尽きる。

南北戦争は奴隷制をめぐる争いだった?


 まずは、アメリカ合衆国とアメリカ連合国(南部連合国)が壮絶な戦いを繰り広げた南北戦争について見てみよう。これは、南部諸州が「アメリカ連合国」として独立しようと「アメリカ合衆国」に戦いを仕掛けたものである。

 そして、「奴隷制をどうするか」というのが重要な争点であった。かつては「北部工業資本と南部プランターの経済戦争」とする説が強く、日本では現在もそういった旨の説明をする人が少なくない。

 しかしながら、現在の歴史学における通説は「南北戦争は奴隷制をめぐる戦争である」というものだ。一方で、南北戦争をめぐっては、歴史学とは無関係にさまざまな理解がされている。なかでも、重要なポイントは2つだ。

 ひとつは、主にアメリカの黒人が持っていた「南北戦争は奴隷解放戦争だった」という歴史認識だ。これは、「南部連合国は奴隷制という“悪”を守ろうとしたのであり、南軍の将は邪悪であり、祀られるのは道徳的に瑕疵がある」という主張だ。

 もうひとつは、「失われた大義」(the Lost Cause)と呼ばれる歴史認識だ。南部は州権、つまり州としての自立性を守るために戦ったのであり、いわば「北部と南部の“兄弟げんか”であった」とするものである。そこでは、南部軍人の騎士道的な勇敢さが称賛されることが多い。

 そのシンボルとして、南軍銅像はもちろん、南部連合国旗もよく用いられてきた。そして、この理解の下では奴隷制は「良い制度」であったとされており、南北戦争の原因としても無視されがちである。その結果、「南軍関係者は南部の誇りであって、銅像の撤去などとんでもない」ということになっている。

20世紀初頭に黄金期を迎える白人至上主義


 つまり、南軍銅像をめぐる争いは、基本的にこの2つの歴史認識の衝突なのである。しかし、まだまだ掘り下げるべき問題が残っている。それは「失われた大義」の歴史だ。

米国に浸透する白人至上主義の実像のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アメリカ南北戦争奴隷制度白人の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!