NEW

和牛のライブが200円で見られる!売上爆増、大盛況の大阪杯は競馬場で生観戦せよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豪華メンバーが揃う大阪杯

 JRA(日本中央競馬会)の担当者も「ウハウハ」の一言だろう。例年60億円程だった大阪杯の馬券売り上げが、昨年はG1レース昇格に合わせて153億円へ急増した。G1レースが増えることに難色を示す見方もあったが、馬券の売り上げから見ればファンの支持を得られたわけだから、この取り組みは大成功だったといえる。

 どんな企業でも、売り上げを倍以上に増やすのは易しいことではない。商品の改良、仕入れや製作過程の調整などすべきことは多い。しかし、競馬ではレースの格付けがひとつ上がるだけで売り上げが倍以上にもなるのだ。当然、レースの賞金と広告宣伝費は増えたと考えられるが、それを加味しても十分な効果だったのは間違いあるまい。

 JRAにおけるG1レースの馬券売り上げは破格だ。昨年の売り上げで見ると、トップは年末に行われる国民的イベントでもある有馬記念で約442億円、2位の日本ダービーは約250億円、もっとも低い高松宮記念でも約111億円と、すべてが100億円超という優良商品。年間100億円規模の売り上げを誇る企業といえば、メルカリ、「うまい棒」でお馴染みのやおきん、異色ではあるがプロ野球チームの横浜DeNAベイスターズなどがある。それに匹敵する売り上げを、1~3分で終了する1レースで達成するのだから、とんでもないレベルだ。

 JRAでは、夏に行われる札幌記念もG1レースへの昇格を目指しており、決定すれば夏競馬初、北海道初のG1レースの誕生となるため、大いに盛り上がることは間違いなく、さらに売り上げを増やすだろう。

 また、大阪杯も、今年はさらに売り上げが増えそうな気配がある。昨年はキタサンブラックを筆頭にG1レース優勝馬は4頭で、出走頭数も14頭でしかなかった。しかし、今年はサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、アルアイン、ペルシアンナイトと5頭のG1馬に加え、スワーヴリチャード、ウインブライト、ダンビュライト、トリオンフといった前走で重賞を勝利した上がり馬が出走し、全体の出走頭数も昨年を上回るものになりそうだからだ。

 こんな盛り上がるレースに参加しない手はないだろう。関西圏に住んでいれば現地の阪神競馬場へ行って盛り上がり、その他の地域でも中山競馬場や中京競馬場をはじめとして、全国の競馬場でも雰囲気を楽しむことができるし、もちろん馬券も購入できる。

 ちなみに、大阪杯の表彰式に登場するプレゼンターはよしもとのお笑いタレント、間寛平と和牛。当日は彼らの予想トークショーや、和牛とミサイルマンによる爆笑ステージもあり、お笑い好きも楽しめるイベントが盛りだくさん。競馬場の入場料200円(15歳未満は無料)を払うだけでこれらのイベントが無料で見られるのも、競馬がレジャースポットとして注目されている理由といっていいだろう。

 もちろん、楽しむだけでなく、やはり大阪杯のような大一番は馬券を的中させて盛り上がりたいところ。そこで、昨年末から今年にかけ7レース連続でG1レースを的中させている「神予想」を紹介しよう。それは、“競馬の神様”と呼ばれた故大川慶次郎氏が設立し、今年で創業36年を迎える「ホースメン会議」だ。

 このホースメン会議は、コンビニや駅の売店で見かけるスポーツ紙や競馬新聞とはまったく違う。これらの媒体には、競馬のプロではない“サラリーマン競馬記者”による競馬予想が掲載されていることも多いが、ホースメン会議は競馬の内部で活動する競馬関係者によって運営されている。ゆえに、競馬関係者の「本音」「本当の状態」「真の思惑」といった競馬の内部にある本物の情報が集まるという。

 その情報網は全国に張り巡らされ総勢数千名にも及び、情報班が東西のトレーニングセンターや競馬場などで各陣営の“勝負話”を数週間前から独占入手。そして、その情報を全国屈指の経験と実績を持つ頭脳集団が分析し、厳選に厳選を重ねた「自信度の高いレースの予想」を競馬ファンへ公開している。

 1レースから12レースまで、一日に行われるすべての予想をしなければならないマスコミの記者とは違い、厳選したレースの情報を提供することでより高い的中率を誇り、何よりも効果的な馬券購入と利益を獲得することができる。まさに競馬投資の理想形といえるだろう。

 ホースメン会議の総監督を務めるのは、大川氏の愛弟子である能勢俊介氏。しがらみのある競馬専門紙の本紙予想からホースメン会議へ移籍し、競馬専門チャンネルやラジオ解説で活躍するなど、これまでも数々の伝説を築いてきた競馬予想界の逸材だ。また、日刊スポーツの本紙予想を25年にわたって務めた堀内泰夫氏や、大阪スポーツ本紙歴37年の米原聡氏など、「今後この人達のキャリアを超える人間は出てこないだろう」と関係者から評される記者も在籍しており、その陣容は万全。さらに、有馬記念や皐月賞などを制した元JRA騎手の東信二氏といった元競馬関係者も多数在籍。彼らが自身の競馬人脈を使って得る関係者情報も、他の追随を許さない。

最強の頭脳がホースメン会議に集結

 このように情報収集力と情報分析力に長けたホースメン会議は、7レース連続でG1レースを的中させるなど、多くの実績を残している。特に2月に行われたフェブラリーステークスは、事前に“勝負予告”をして実際に3連複6540円、3連単4万1560円という万馬券を的中させており、大阪杯に向けてさらに期待が高まるのは当然だ。

 そのホースメン会議によると、大阪杯に関して事前に各所から関係者情報を得ており、大きな自信を持っているという。

「あらゆる情報を分析した結果、『軸はこれで決まり』という馬がいます。さらに相手にも高配当が期待できる狙い馬がいるので、フェブラリーステークス以上の配当が見込まれています。

 そこで、ぜひホースメン会議の予想を体験していただきたく、【大阪杯・3連複10点勝負】を無料公開します。かなりの自信度になりますので、大阪杯で馬券購入を予定している人や、競馬を始めてみたいと考えている人はぜひ参考にしてほしいですね。『こんな裏事情があったのか』と驚くと思いますよ」

 プロ中のプロによる究極の厳選予想を、この大阪杯にて無料で公開するとは驚きだ。しかも、もし大阪杯が不的中だった場合、天皇賞(春)当日の4月29日まで1日1レースの渾身予想を無料で提供するというから、その自信度は並大抵のものではないのだろう。

 競馬界のプロが集結したホースメン会議が提供する【大阪杯・3連複10点勝負】の無料予想。ここには今までの常識を覆す競馬予想の神髄が隠されているはず。必ずこの情報を入手して週末の大一番に挑みたい。
(文=編集部)

CLICK → 「無料公開 大阪杯・3連複10点勝負」ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

和牛のライブが200円で見られる!売上爆増、大盛況の大阪杯は競馬場で生観戦せよ!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAサトノダイヤモンドシュヴァルグラン大阪杯札幌記念の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!