NEW

高齢出産&ミルク育児の母親が「アンチワクチン」を推すママサークルにのめり込んだ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

高齢出産&ミルク育児の母親が「アンチワクチン」を推すママサークルにのめり込んだ理由の画像1
Thinstock/Photo by Choreograph

 おかしな思想にハマった家族の悩みを語ってもらう「身内がトンデモになりまして」シリーズ。その姉妹編として、「わたしがトンデモだったころ」も新たに始めさせていただきます。こちらでは、〈自分自身がトンデモ沼にハマった体験〉を振り返り、当時の出来事および心境を語ってもらおうというもの。何がきっかけとなりトンデモに足をからめとられるのか、どんな背景があるのかを考察しつつ、トンデモの周りに生まれる現象を追っていきましょう。

*     *     *

 シリーズ第1回目は〈アンチワクチン〉にハマった、Hさんの体験談。アンチワクチンとは、ワクチンの安全性や有効性、必要性を否定する考え方。荒唐無稽なお説を無責任に発信する医師として有名な近藤誠氏も昨年11月、アンチワクチン本『ワクチン副作用の恐怖』(文藝春秋)を発売し、各方面から「書いてある内容が間違いだらけ」とバッシングされたのは記憶に新しいところです。

 Hさんは地方在住、現在2人の子どもを育てるワーキングマザー。はじめて「ワクチンは危険」という情報に触れたのは、妊娠前に何気なく夫と雑談していた時のことだとか。

Hさん(以下、H)「夫が大学の先輩からこんな話を聞いたと、私に伝えてきたんです。『ワクチンを打つと自閉症になる』『効果は少ないけど、費用は高い』と。今ではもちろん、それらはデマだと理解していますが、その時はとにかく自閉症になるという言葉が恐ろしかったです。近所に自閉症の兄弟がいるのですが、コミュニケーションをとるのが難しそうな状態で、子どももお母さんもいつも大変そうにしている姿を目にしていたんです。だから、ああなったのはワクチンのせいなの!? と怯えてしまいました」

高齢出産&ミルク育児の母親が「アンチワクチン」を推すママサークルにのめり込んだ理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!