NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

プロ野球、各球団の応援定期預金が太っ腹!金利10倍や商品券贈呈も!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズの松坂大輔投手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
 いよいよ、プロ野球の開幕だ。シーズンを心待ちにしていたファンも多いことだろう。今年は、メジャー帰りのレジェンドたちの活躍も期待されている。読売ジャイアンツに復帰した「雑草魂」の上原浩治投手、7年ぶりに古巣の東京ヤクルトスワローズに戻った青木宣親選手だ。


 また、今年から中日ドラゴンズのユニフォームを着ることになった松坂大輔投手も話題を集めている。日本球界復帰後、まったく活躍できずに引退もささやかれていただけに、特に注目度が高い。まだオープン戦だというのに先発した試合は観客で埋まり、普段は空席が目立つナゴヤドームもほぼ満席となった。3月25日の千葉ロッテマリーンズ戦では、先発して5回3失点と負け投手にはなったものの、「松坂の投げる姿を一目見たい」という野球ファンがいかに多いかを目の当たりにした。

 近年、筆者はずっと沖縄キャンプを見学しているが、ドラゴンズの1軍キャンプ地である北谷公園野球場の人出は例年の倍以上で、まさに松坂フィーバーの再来だった。しかも、彼は地道な連携プレーの練習にも参加しており、練習後にはサイン会まで催してファンと交流していた。ここ数年、優勝から遠ざかり鬱々としていたドラファンには、まさに暁光に見えることだろう。

 無論、若手も忘れてはいけない。体調不良で開幕1軍こそ逃したものの、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手の活躍を楽しみにしているパ・リーグファンは多いだろう。昨年の最優秀新人賞に輝いた、京田陽太選手(ドラゴンズ)と源田壮亮選手(埼玉西武ライオンズ)の2年目にも期待したい。

 また、今年のセ・リーグは巨人vs.阪神の伝統の一戦でスタートするが、どちらかが広島東洋カープの連覇を阻止できるのか。パ・リーグでは、選手層が厚すぎる福岡ソフトバンクホークスの牙城を、他チームがどう崩していくのか。興味は尽きない。

 しかし、筆者はスポーツライターではないので、専門外の野球についてはここまでにしよう。今回取り上げるのは、いわゆる「プロ野球応援定期預金」について。野球ファンなら、その存在を知っているだろう。なんとなく、「『優勝すればプラス○%』などというように、チーム成績に応じて利率が上乗せになる定期預金」と認識しているのではないだろうか。

 しかし、このプロ野球応援定期、ずいぶんと様変わりしていた。さらには、「これも時代の流れか」という内容も散見された。ファンならぜひ知っておきたい、2018年のプロ野球応援定期預金事情についてお伝えしたい。

「優勝したら金利7.7倍」を実現させた星野阪神


 プロ野球応援定期がいつから始まったのかは、定かではない。調べると、1998年あるいは99年からの記録があるので、もう20年近く販売され続けている金融商品ということになる。

 しかし、預金の宿命か、マイナス金利のあおりを受けて金利上乗せのうまみはすっかり消えた。尼崎信用金庫が公表している「がんばれ阪神タイガース定期預金」の実績データによると、2002~03年は「優勝したら金利7.7倍」という驚くべき数字を出していた。しかも、03年には故・星野仙一監督の下で見事にリーグ優勝を果たしたのだから、決して夢幻や絵空事ではなかったのだ。

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』

同じ収入でも、貯まる人と貯まらない人の違いは何でしょうか? 貯まらないと嘆く多くの人の使い方には、お金が「漏れていく穴」があるのです。お金に困らない人生を手に入れるには、まずは「漏れ」を招く穴をふさいで、「溜まる」人になることからスタートを。そのコツを存分に伝授します。

amazon_associate_logo.jpg

プロ野球、各球団の応援定期預金が太っ腹!金利10倍や商品券贈呈も!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、プロ野球信用金庫定期預金銀行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!