NEW

水原希子、企業広告撮影でヌード強要告白が波紋…荒木経惟のヌード強要告発に賛同

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水原希子
 4月1日、モデルでダンサーのKaoRiがブログに“アラーキー”こと写真家・荒木経惟氏に対する告発文のような内容を投稿した。9日になり、モデルで女優の水原希子がインスタグラムで自身の体験を交えてKaoRiの投稿に触れたことで、波紋が広がっている。


 まず、荒木氏の被写体として2001年から16年まで活動していたKaoRiが、「その知識、本当に正しいですか?」というタイトルで、自分が体験した苦痛の日々を告白した。

 荒木氏とKaoRiの間に契約書などはなかった上、「撮った写真は、事前の報告もなく、いつの間にか私の名前をタイトルにした写真集やDVDにもなり出版され、世界中で展示販売されてゆきました」と明かしている。また、無報酬での仕事も多く、KaoRiは荒木氏に長時間拘束されながらも、別の仕事をして稼がなければ生活ができなかったという。

 さらに、多くの人がいる前でわざと過激なポーズをとらされたり、部外者の前でヌード撮影を強いられたりしたことが何度もあったため、KaoRiには「ミステリアスで、なんでもする女」というイメージがつくことに。それによってストーキングや家宅侵入などの被害に遭い、耐えかねて荒木氏に環境の改善を訴えたが、逆ギレされて最終的に決別に至ったという。

 KaoRiが長文で綴った告発は注目を浴び、特にインターネット上ではセクハラなどを告発する「#MeToo」がムーブメントとなっているだけに、大きな反響を巻き起こした。そして、水原は24時間で投稿が消えるインスタグラムの「ストーリー」機能でコメントした。

 水原は「想像するだけでも心が痛みます。勇気をもってこの話をシェアして下さった事に感謝します」「この業界にいる若いモデル そして女性、男性にもこの記事を読んでほしい。モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない」と切り出し、過去の体験を以下のように語った。

「私も20代前半の頃ある企業の広告撮影で上半身裸になって手で胸を隠して撮影をする事があったんだけど、その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人ぐらいの社員の人達がスタジオに来て、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由で、結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があった」

 この水原の体験談に、ネット上では「裸のときだけ男の人が増えるって、ただのセクハラだよね。許せない」「胸クソ悪すぎる」「同じような体験がある人は、もっと言っていいと思う」などという声が上がっているほか、水原を広告に起用した「ある企業」を特定する動きも起きている。

 ブロガーで作家のはあちゅう氏は、ツイッターで「業界の近い彼女がこうやって意見を発信していることの勇気。アラーキーさんと近い人たちは声を上げづらいとは思うけど、無言のままは卑怯だと思う。自分たちが向かいたい世界はどっち。#metoo」と声をあげ、前衆議院議員の池内さおり氏もツイッターで「レイシズムに対しても、セクシズムや性暴力に対しても、毅然とした態度を表明されていて、尊敬する」と称賛している。

 論争は収まることなく、「アラーキー側の声も聞く必要があるのでは」「モデル業界はそんなにブラックなのか」「最終的には、写真家と被写体の関係性は当事者にしかわからないだろう」など、さまざまな反応が起きている。今後、荒木氏側が何かリアクションを起こすことはあるのだろうか。
(文=編集部)

水原希子、企業広告撮影でヌード強要告白が波紋…荒木経惟のヌード強要告発に賛同のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、セクハラヌードモデル水原希子荒木経惟の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!