NEW

『あなたには帰る家がある』夫婦で見ると絶対に危険…リアル過ぎて心が苦しい、視聴率予測不能

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんな同ドラマを夫婦で一緒に見てしまったならば、思い当たる内容のオンパレードで、お互いに普段あえて蓋をして気持ちを押し殺していたことをほじくり返され、相手を責めたくなったり、逆に自分が責められているような気になったりで、家の中に嫌な空気が流れてしまわないかが懸念される。

 さらに、夫婦の諍いやすれ違いの描写がリアル過ぎて、それはそれでドラマのクオリティが高い証拠なのだろうが、見ているほうはどんどん心苦しくなってしまう。

 たとえば、仕事で落ち込んで帰宅した真弓は、時間がなかったために夕食に買ってきたカレーライス弁当を「いらない」という秀明に向かって、感情を爆発させながら怒るシーンは、既婚者であれば一度は同じような体験をしたことがある、もしくは同じようなことを言いたいと思った経験があるのではないか。

真弓「だったら、なんかつくる?」

秀明「いいよ、そんなに腹減ってないし」

(この一言でキレる真弓)

真弓「だったら、先、言ってよ! わざわざ買ってこなくても、よかったじゃない。私も仕事してクタクタになってるんだから。先に帰ったら洗濯物取り込もうとか、少しもないわけ? 朝だってさー、せめて食器ぐらい下げられないのー?」

(秀明もキレる)

秀明「俺が、なんにもやってないみたいな、言い方するなよ」

真弓「へー、なんかやってくれたっけ? はー、ゴミ出したくらいで家事やってるって、ハムの賞味期限チェックしてる暇があったら、自分で朝ご飯くらい、つくりなさいよ!」

秀明「わかったよ、食べればいいんだろ、カレー」

真弓「食べなくていい、食べたくないんでしょ? 食べなくて結構です! そうやって、いっつも馬鹿にして、文句ばっかり言うんだから。パパは楽だよねー、帰って来たらゴハンはできてるし、掃除も洗濯もされてるし、ただ仕事だけしてれば、いいんだから」

秀明「(首をコクっと横にして、“ポキッ”と音を出す)」

真弓「それ、ムカつくんだけど。何、勝手にスイッチオフってるの? 何、話終わらせてんの? 今話してるんですけど! パパって、いっつも自分のことしか考えてないよね。家族のことなんか、なんにも考えてないんだから!」

 このあと、真弓は大粒の涙を流しながら、一人でカレーライス弁当をかきこむのだが、中谷の演技がリアル過ぎて、もうカレーの冷え冷え感がひしひしと伝わってきて、見ている私のほうも体が固まってしまった。

 真弓の主張、あまりに正論すぎて、正論だとわかっているゆえに、秀明は何も言い返せない。はたからか見れば、「ちゃんと冷静に話し合えばいいのに」って思うんだけど、そんなことができれば夫婦は苦労なんかしないわけで、そんな簡単なことができないで離婚に至ってしまう夫婦って、私の知る限りでも結構いたりする(ように感じる)。

 そう、このドラマ、あまりにリアル過ぎて、逆に見ていてツラくなってしまうという、出来の良いドラマでたまに遭遇する体験なのだが、来週も見るかと聞かれれば、怖いもの見たさもあって、やっぱり見ちゃうんだろうな……(今後の展開も気になるし)。

 そんなこんなで、今後視聴率がどうなっていくのか、皆目見当もつきません。
(文=米倉奈津子/ライター)

『あなたには帰る家がある』夫婦で見ると絶対に危険…リアル過ぎて心が苦しい、視聴率予測不能のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、あなたには帰る家がある中谷美紀玉木宏の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!