NEW

工藤静香の武勇伝は食傷気味『石橋貴明のたいむとんねる』視聴率3.9%も納得のつまらなさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

工藤静香の武勇伝は食傷気味『石橋貴明のたいむとんねる』視聴率3.9%も納得のつまらなさの画像1
フジテレビ公式サイトより

 4月16日にスタートした新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)の初回平均視聴率は、3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。3月で長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』を終了し、新たに編成された、とんねるず石橋貴明(56)の冠番組。ミッツ・マングローブ(43)を進行役に、石橋とゲストが“大人のノスタルジー”をテーマに語り合う内容だ。

 初回のゲストは工藤静香(47)で、「80年代のテレビ」について語り合ったのだが、確かに視聴者を特に惹きつける要素はなく、目新しさや「生まれ変わったフジテレビ」という感覚も薄かった。2018年ではなく、2010年でも2015年でも違和感がない、それほど「今こそ、この番組を!」という必然性に欠ける内容だった。

 また、工藤静香の明かした80年代エピソードは、過去に別の番組で何度も語られたことのあるものばかりで、工藤と昵懇の間柄にある石橋貴明、そして80年代アイドルを熱烈に愛するミッツ・マングローブ“だからこそ”聞けた話というのはごくわずかだったのではないだろうか。

工藤静香の武勇伝は食傷気味『石橋貴明のたいむとんねる』視聴率3.9%も納得のつまらなさのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事