NEW

JRA伝統の天皇賞、有力馬不在&武豊騎乗停止で大混乱…あの名調教師が「極秘情報」を暴露

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞(春)で一獲千金のビッグチャンス

 桜花賞と皐月賞が終わり、春のG1シーズンも佳境に突入した。今週末から6週連続でG1レースが行われる。その第1戦となるのが、日本中央競馬会(JRA)伝統の長距離G1レースである第157回天皇賞(春)だ。

 昨年はキタサンブラックが連覇を果たし、2着・シュヴァルグラン、3着・サトノダイヤモンドという決着。しかし今年、キタサンブラックはすでに引退し、サトノダイヤモンドも不在のため、出走メンバーの中でG1優勝馬はシュヴァルグラン1頭のみという史上まれに見る大混戦となっており、非常に波乱含みの一戦といえるだろう。

 ベテランの競馬ファンや関係者の間では「天皇賞(春)といえば武豊」といわれるほど、武豊はこのレースで勝利しており、今年は自身の3連覇がかかっていたが、22日の京都8Rで他馬の走行を妨害したとして開催4日間の騎乗停止処分を受け、天皇賞には騎乗できなくなった。

 武豊はキタサンブラックで2回、ディープインパクトで1回、スペシャルウィークで1回、メジロマックイーンで2回、スーパークリークで1回、イナリワンで1回と合計8勝もしているのだ。しかも、1989年から92年まで4年連続勝利という偉業を成し遂げた。

 93年も1番人気のメジロマックイーンに騎乗し、「5連勝間違いなし」と世間一般では言われていた。しかし、その夢を打ち破ったのが、“関東の刺客”ライスシャワーだ。直線で逃げるメジロパーマーを捉え、満を持して抜け出したメジロマックイーンを上がり最速の豪脚で差し切り、2馬身以上の差を付けたライスシャワーは、武豊にとってトラウマのような存在だろう。

 その後、翌年の天皇賞(春)で2着に入ったものの、以降は3着、16着、3着と、99年にスペシャルウィークで勝つまで、しばらく勝利から遠ざかることになった。

 そのライスシャワーを管理し、天皇賞(春)で2度も勝利したのが関東の名伯楽である飯塚好次調教師だ。騎手として150勝、調教師として400勝をあげ、ライスシャワーやカシマウイングといった活躍馬で長距離重賞を勝ちまくった。

 JRA史に残る名馬を管理した飯塚師は、引退後に「ライスシャワーを応援してくれたファンに恩返しがしたい」という思いから、競馬ファンに競馬情報を提供する「WORLD競馬WEB(ワールド)」に所属し、美浦情報ルート総責任者に就任。関係者の表に出ない事情、本当の思惑、他媒体やマスコミとは違う、本物の情報競馬を競馬ファンに知ってもらうために活動している。飯塚師のもとには、その理念に賛同した多くの関係筋が集まり、日々、東西から一般ファンでは決して知り得ない「極秘情報」が寄せられているという。

 ワールドには飯塚師だけでなく、ダービージョッキーである大西直宏元JRA騎手をはじめ、現役馬主、競馬専門紙の重鎮、エージェント関係者、元厩務員、牧場関係者など、さまざまな競馬界の関係者が所属している。これほどの関係者が集まり、ありとあらゆる情報が届くのだから、その情報精度と的中実績は申し分ない。

阪神大賞典はレインボーラインの勝負情報で大本線的中

 実際に昨年も天皇賞(春)で、4番人気から2着に入ったシュヴァルグランを本命に据え、“大本線”で的中させており、今年も前哨戦の阪神大賞典を的中させた。さらに、4月14日阪神7Rでも3連単7万1180円、3月11日阪神9Rでは3連単10万5740円、2月11日の京都1Rでは3連単8万20円的中など、頻繁に高額配当を競馬ファンに獲得させているのだ。

 そんなワールドが、今週末の天皇賞(春)について、こう語っている。

「今年の天皇賞は、一般人でも知るような注目馬が不在でマスコミの注目度が低く、取材もおろそかになっています。実際に、桜花賞や皐月賞と比べて厩舎やトレーニングセンターを訪れるマスコミの数が少ないとのことです。その結果、実績不足の格下馬に関する情報が世に出ていません。しかし、これは絶好のチャンスでしょう。その格下馬の中に、今回の天皇賞のキーワードがあり、昨年のシュヴァルグランのように馬券妙味のある強力情報馬が存在します。また、相手関係もほぼ把握しており、今年も大本線での的中が大いに期待できそうです」

 マスコミは基本的にビジネスで取材を行っており、ファンの注目度が高い馬に集中する傾向がある。しかし、ワールドは競馬ファンのために情報収集活動を行っているため、人気にかかわらず、どの陣営にもしっかりと情報収集を行い、さらにその裏付けも取っている。

 実際にどちらの情報が信用できるのかといえば、当然、後者だろう。情報の量も質も、そして情報収集活動の意気込みも段違いだからだ。

 ここまでの流れからも、ワールドが集める情報の価値が、マスコミのそれを大きく上回ると理解できるはずだ。そのワールドから、朗報が届いているので紹介したい。

 天皇賞(春)において、ワールドが集めた競馬情報の結論ともいえる【◎○▲】、つまり本命馬、対抗馬、穴馬の3頭を無料で、今回ワールドに新規登録した読者に教えてくれるというのだ。昨年もワールドが選んだ【◎○▲】で決着した天皇賞(春)。しかも、前哨戦の阪神大賞典も【◎○▲】で決着しているだけでなく、昨年の東京優駿(日本ダービー)と優駿牝馬(オークス)も【◎○▲】で決着しているというから、その価値は説明するまでもないだろう。

 競馬ファンであれば必見、競馬未経験者であっても競馬デビューに最適なこの無料情報。今週末から始まる6週連続G1レースの開幕戦にふさわしい情報であり、一獲千金のビッグチャンスといえる。ぜひ、このチャンスを逃さずに入手し、週末の大勝負、そして来週以降のNHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービー、安田記念へ向かいたい。
(文=編集部)

CLICK → 「特別無料公開!天皇賞(春)◎〇▲」ワールド

※本稿はPR記事です。

JRA伝統の天皇賞、有力馬不在&武豊騎乗停止で大混乱…あの名調教師が「極秘情報」を暴露のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAシュヴァルグラン天皇賞(春)武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!