NEW

『土曜ワイド劇場』打ち切りで大ブーイング、『あいのり』もどきも即終了…テレ朝が失態連発

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日本社(「Wikipedia」より/Wiiii)
 2017年度の平均視聴率で、TBSがゴールデン帯(19~22時)で9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、民放2位となった。これは同局にとって11年ぶりの快挙で、局内は大いに沸いている。


 一方、そのTBSと同率でゴールデン民放2位につけたのがテレビ朝日だ。テレ朝は全日帯(6~24時)で7.4%、プライム帯(19~23時)で10.0%、プライム2帯(23~25時)で 5.4%を記録し、その3つの時間帯でNHKと民放を通じて2位となっている。そんな絶好調に見えるテレ朝だが、実は今「編成」の失態が続いているという。

「17年5月にスタートしたKAT-TUN・中丸雄一とオードリー・若林正恭をメイン司会に据えた『世界ルーツ探検隊』は、業界内でも評価が高まっていましたが、わずか3カ月あまりで打ち切られました。その後を受けて始まった『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』も4カ月足らずで終了。最終回(2月5日)の前週のオンエアでは、19時台にもかかわらず4.7%という驚きの低視聴率を記録しました」(芸能記者)

 テレ朝の編成ミスの象徴ともいえるのが、1977年から40年続いた2時間ドラマ枠『土曜ワイド劇場』の打ち切りだという。同枠は2017年4月の放送をもって終了となったが、長年のファンからは大ブーイングが起き、インターネット上でも物議を醸した。

「『土曜ワイド劇場』は土曜21時から日曜10時に移され『日曜ワイド』として再出発、『土曜ワイド劇場』の再放送だけでなく新撮のドラマも積極的に放送していました。しかし、同時間帯は『サンデー・ジャポン』(TBS系)や『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)、さらには『ワイドナショー』(フジテレビ系)がしのぎを削る激戦区。当然、視聴率は4~5%と低迷していました」(同)

 それでもなんとか放送を続けていた『日曜ワイド』だが、今年3月にひっそりと終了した。

「かつての『土曜ワイド劇場』のファンですら見向きもしなくなった枠ですから、打ち切りもまったく話題になっていません。ちなみに、4月から新しく始まったのは『旅サンデー』という週替りの旅番組。ところが、これも初回(4月8日)は4.1%、2週目(4月15日)は5.4%と、目も当てられない数字です」(テレビ業界関係者)

あと15年は「日テレの時代」が続く?


 一方、『土曜ワイド劇場』の後枠には、21時台は報道番組『サタデーステーション』、22時台は深夜から昇格した『陸海空 地球征服するなんて』がラインナップされている。『サタステ』は最近になってようやく視聴率2ケタに乗る週もあるが、『陸海空』は5~6%が関の山だ(ただし、4月14日は7.0%を記録)。一時話題を集め、ゴールデン・プライム帯進出の起爆剤となった総合演出・ナスD(友寄隆英氏)による無人島ロケも、毎回「完結編」「最終章」とうたいながら何週にもわたって引っ張り視聴者から飽きられている上、ほかの企画も迷走を続けているという。

『土曜ワイド劇場』打ち切りで大ブーイング、『あいのり』もどきも即終了…テレ朝が失態連発のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日土曜ワイド劇場編成視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!