NEW

『モンテ・クリスト伯』が最高傑作…どうしたフジテレビ?今期連ドラすべて超絶面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』公式サイトより

 今クールの連続テレビドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)第1話が19日、放送された。

 目黒すみれ(山本美月)と婚約したばかりの漁師・柴門暖(ディーン・フジオカ)が乗る遠洋漁船は、遭難から2週間が経過していた。だが、奇跡的に船は帰還し、暖は母親の恵(風吹ジュン)とすみれと抱き合いながら泣いて喜ぶ。退院した暖が、遭難中に亡くなった船長のバラジから託された手紙を、彼から伝えられた東京・渋谷にある会社へ届けるために自宅を出ようとしたところ、警視庁公安部の刑事・入間公平(高橋克典)が現れる。

 入間刑事は暖に、バラジはラデル共和国のテロ組織ククメットのメンバーであり、バラジから預かった手紙を見せるよう言い、「Dear Teikichi」で始まる英語で書かれた手紙を一読。その手紙の内容は多くの人命を危険に晒す可能性があり、持っているだけで暖にも危害が及ぶ危険があると説得し、その手紙を預かる。加えて、手紙のことは絶対に口外しないよう命令する。

 入間刑事は、バラジが指定した手紙の受取先であるTIファンドマネジメントに出向き、同社代表で入間刑事の父親の貞吉に手紙を見せ、ククメットから貞吉に資金提供を依頼する内容が書かれていると迫ると、貞吉はククメットとつながっていることを告白。入間刑事は、ラデル共和国は拘束中の日本人と、手紙の受取人として指定されている人物の身柄交換を要求してきていると説明。貞吉は逮捕される覚悟はできていると宣言し、手首を差し出すが、父親が犯罪者であることがバレると警察官としてのキャリアが終わってしまう入間刑事は、後日、再び貞吉の元を訪れてその手紙を燃やす。

 そして暖はすみれとの結婚式当日、会場で警察に逮捕され、取り調べで入間刑事から例の手紙を渡され、それがバラジから渡された手紙と同一のものか質問される。英語の読めない暖は肯定するが、実はその手紙には「Dear Dan Saimon」と書かれており、暖は入間刑事によってククメットへの資金提供者に仕立て上げられてしまう。そのまま身柄交換でラデル共和国の刑務所に送られた暖は拷問を受け、独房のなかで息絶えそうになるが、その時、なんと独房の地面の一部が盛り上がり、高齢の人間が姿を現すところまでが、第1話で放送された。

 エンディング間際では、暖と同じ守尾漁業に勤め、暖のせいで船長になれない神楽清(新井浩文)、暖の友人だが密かにすみれに思いを寄せ、暖に嫉妬する南条幸男(大倉忠義)、暖の幼馴染で地上げ屋の寺門類(渋川清彦)、そして入間刑事の策略によって暖が“嵌められた”ことが匂わされる。

息つく暇もないもない展開


 第1話を見た感想としては、あまりに突拍子もない展開に唖然とさせられると共に、一見すると暖の仲間にみえる人物たちが、実は心の奥では暖への嫉妬を抱えているという複雑な人間模様に引き込まれて、非常に見応えがある傑作だと感じた。

『モンテ・クリスト伯』が最高傑作…どうしたフジテレビ?今期連ドラすべて超絶面白いのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コンフィデンスマンJPディーン・フジオカモンテ・クリスト伯の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!