NEW

「患者からお尻を触られるのは日常茶飯事」看護師、戦慄のセクハラ被害事情…泣き寝入りの理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 アメリカのエンターテインメント業界を発火点とするセクハラ被害の告発運動=「#MeToo」は、今や世界中に広がっている。日本でも、作家・ブロガーとして活躍するはあちゅうさんが過去の被害を告発して話題になった。最近では、財務省の福田淳一事務次官が複数の女性記者に対して発したセクハラ発言が社会問題化し、福田氏が辞任する事態となった。


 しかし、セクハラ被害を告発できるのは限られた人だけで、世の中にはさまざまな事情から声を上げることのできない女性がゴマンと存在する。

 その代表格といえるのが、看護師たちだ。多くの女性看護師が男性患者からセクハラを受けた経験があるにもかかわらず、被害を訴えるケースは極めて少ない。なぜ、看護師はセクハラ被害に声を上げることができないのか。現場の看護師たちに、その実態を聞いた。

血圧測定で手のひらをなめられた新人看護師


 男性優位の業界や職場では、セクハラを受けても被害を訴えることができないケースが多いという。アメリカのハリウッド女優たちでさえ、告発するまでには10~20年の時間を必要としている。

 セクハラ被害を受けやすいにもかかわらず、声を上げにくい職場のひとつが医療や介護の現場だ。

 なかでも、日常的に患者と接する機会の多い看護師は、男性患者からのセクハラ被害が多い職業だという。看護師歴7年目で、中規模の病院の消化器内科に勤める愛美さん(仮名・29歳)は、「患者さんから胸やお尻を触られるのは日常茶飯事です」とあきれた口調で話す。

 愛美さんが今でも忘れられないのは、新人看護師のときに受けた強烈なセクハラ被害だ。

「60代の男性患者の血圧を測るために手に触れると、その患者さんが突然私の手を握り、『きれいな手だねぇ、なめちゃお!』と、私の手のひらをなめたんです。処置が終わると急いでその場を立ち去り、すぐに先輩看護師に報告したのですが、先輩は『そういうことあるよね~』と聞き流して終わり。 特に問題にされず、“看護師あるある”で済まされてしまいました」(愛美さん)

 その男性患者は短期入院の予定だったので、内視鏡の手術が終わるとすぐに退院した。ホッとした愛美さんだったが、それ以降、どんな患者が来ても驚かなくなったという。

「おそらく、あの患者さんは、“新人看護師”という私の立場につけこみ、『新人だから大騒ぎしないだろう』とセクハラしたのではないでしょうか」(同)

 しかも、あきれたことに、この病院は「セクハラ・パワハラの防止」を掲げていて、被害を受けた際には上司に報告をするよう指導しているのだ。

男性患者から風呂に誘われた妊婦看護師


 地方の病院の泌尿器科に勤務する香菜さん(仮名・29歳)は、ある男性患者のセクハラ発言に戦慄し、身の危険を感じたことがある。

「当時、私は妊娠8カ月でした。40代の男性患者の担当になり、病棟の部屋にあいさつに行くと、その患者さんが私のお腹を見てニヤニヤしながら『俺、妊婦って好きなんだよね~。一緒にお風呂入らない?』と言い寄ってきたんです。これには、本当にゾッとしました。あまりに気味が悪かったので、上司に『担当を替えてください』と直訴したほどです」(香菜さん)

「患者からお尻を触られるのは日常茶飯事」看護師、戦慄のセクハラ被害事情…泣き寝入りの理由のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、セクハラ医療病院看護師の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!