NEW

坂上忍がパワハラに無反省でいられるのはなぜか 「いくら叩かれたっていいじゃないですか。叩かれに行きましょうよ」という姿勢の傲慢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

坂上忍がパワハラに無反省でいられるのはなぜか 「いくら叩かれたっていいじゃないですか。叩かれに行きましょうよ」という姿勢の傲慢の画像1
『直撃! シンソウ坂上』番組HPより

 先月21日放送回では、2014年の放送開始以来自己最高視聴率となる8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を記録した『バイキング』(フジテレビ)。フジテレビ全体の視聴率が低迷するなか、『バイキング』は好調を保つ数少ない番組となっているわけだが、その立役者となっているのはMCを担当する坂上忍(50)であり、彼が放つ歯に衣着せぬコメントに人気が集まっているのは間違いない。フジテレビはそこを評価しているからこそ、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が長年守ってきた木曜21時枠を、坂上忍が世間を騒がせた人や事件に切り込む新番組『直撃! シンソウ坂上』に任せることにしたのだろう。ちなみに、4月19日に放送した『直撃! シンソウ坂上』の初回視聴率は、8.7%だった。

 業界内では評価の高い坂上忍の司会ぶりだが同時に、少なくない数の視聴者に不快感を与えてきた。時事に切り込み、持論を展開する『バイキング』は特にその傾向が強い。

 たとえば最近では、今月10日放送回において、小籔千豊(44)に対し軽い恫喝まがいの詰め方をしたことがSNSなどでも議論になった。

坂上忍がパワハラに無反省でいられるのはなぜか 「いくら叩かれたっていいじゃないですか。叩かれに行きましょうよ」という姿勢の傲慢のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事