NEW

『正義のセ』吉高由里子のヒロインが正義感振りかざしてキャンキャン…殺人事件もライトすぎてお仕事ドラマとしての魅力薄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『正義のセ』吉高由里子のヒロインが正義感振りかざしてキャンキャン…殺人事件もライトすぎてお仕事ドラマとしての魅力薄の画像1
安田顕Instagramより

 日本テレビの鉄板枠といえる水曜22時の女性主人公ドラマ枠。4月から放送スタートしたのは吉高由里子が主演の『正義のセ』だ。原作は阿川佐和子の小説で、「まっすぐなヒロインが、仕事に恋に悪戦苦闘!」「見た人がきっと元気になれる痛快お仕事ドラマ」という触れ込み。舞台は横浜地方検察庁港南支部で、吉高由里子が演じるのは2年めの新人検事・竹村凜々子。港南支部のメンバーとして、支部長の梅宮(寺脇康文)、デキる先輩検事の大塚(三浦翔平)、妻子持ちの優しげな検事・徳永(塚地武雅)。そして凜々子とバディを組むのはベテラン担当事務官の相原(安田顕)。お仕事ドラマのセオリーに沿って、まだイマイチ仕事は出来ないが、真面目で一生懸命に取り組むヒロインの奮闘と成長が描かれる。

 吉高由里子は昨年同枠で放送した『東京タラレバ娘』に続く主演。『正義のセ』のInstagramは、タラレバ娘のアカウントをそのまま引き継いでいるようだ。脚本演出も『東京タラレバ娘』と同じで、テーマこそ全く違うものの、薄めの味付けでカラッと軽く揚げたから揚げみたいなタイプのドラマという点は共通している。これを「ちょうどいい味わい」と取るか、「旨みに欠ける」と取るかは好みの分かれるところだろう。筆者は竹村凜々子のキャラクターが、よく言えばまっすぐで一生懸命、悪く言えば猪突猛進型でだいぶデリカシーに欠ける人物像である点が好みではなく、また被疑者の自白があっさりしすぎている点なども物足りなさがあって後者の感想を抱いたが……第二話の模様を振り返ってみたい。

『正義のセ』吉高由里子のヒロインが正義感振りかざしてキャンキャン…殺人事件もライトすぎてお仕事ドラマとしての魅力薄のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!