NEW

『ブラックペアン』、視聴率期待外れ…「あり得ない」シーン続出、二宮和也もキャラ微妙

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日曜劇場『ブラックペアン』|TBSテレビ」より
 嵐の二宮和也が主演を務める連続テレビドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の第1話が4月22日に放送され、平均視聴率は13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。


 ここ数年、フジテレビの「月9」に代わる新たなブランド枠として定着している「日曜劇場」という点に加え、安定した視聴率が期待できる“テッパン”の医療ドラマの初回ということで、「もう少し高視聴率が取れるのでは」と予想していたが、期待しすぎたようだ。とはいえ、近年の同枠の数字からすると、まずまずの好スタートといえるだろう。

 原作は『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)などで知られる、医師で作家の海堂尊氏の『ブラックペアン1988』(講談社)。

 主人公の渡海征司郎(二宮和也)は東城大学医学部付属病院に勤める天才外科医だが、キャリアに必要な論文をまったく書かないため、医師の間では完全なる厄介者扱い。しかし、抜群の腕前でほかの医師を寄せつけないばかりか、同僚医師の弱みにつけ込んで高額な見返りを要求し、研修医たちを次々と辞めさせていくことから“オペ室の悪魔”と呼ばれていた。

 一方、病院内で絶大な力を持つのが外科教授の佐伯清剛(内野聖陽)。世界で唯一、彼にしかできない難易度の高い心臓手術を行うことで“神の手”と呼ばれていたが、そこに日本外科学会理事長選で佐伯と争っている西崎啓介(市川猿之助)の所属する帝華大学病院から、新任講師の高階権太(小泉孝太郎)が送り込まれてきた。高階はアメリカから最新医療器具の“スナイプ”を持ち帰ってきており、それを使えば「佐伯にしかできない」と言われていた手術が、ほかの医師でも安全に行えるという。

 しかし、スナイプを使った高階のオペは失敗する。高階は佐伯にアドバイスを求めるも、「君の患者だ」と言われ相手にされない。そこで渡海が颯爽と登場するが、そもそもスナイプを使った手術が「成功すれば渡海が辞める」「失敗すれば高階が辞める」という約束だったにもかかわらず、高階が受け入れようとしなかったため、このままでは患者の命が危ない事態に。

 そんななか、研修医の世良雅志(竹内涼真)が担当患者を助けるため、オペ室を出て帰ろうとする渡海を「いくら払えばいいんですか? いくら払えば助けてくれるんですか!」と引き留める。そして、「お金で助けてくれるなら僕が払いますから」と土下座して懇願。そんな世良の姿を見て、渡海はオペを始め、無事に患者の命を救うことができたのだが、「1億な。払い終えるまでお前は、俺のために一生ここで働け」とニヤリと語り、世良のオペ着にべったりと血の手形をつけてオペ室を出ていった。

「医療あるある」とあり得ないシーン


 ドラマは冒頭から本格的な手術シーンが展開されたが、反響が大きかったのは二宮の「邪魔」というセリフ。ツイッターでは、「私も言われたい」という熱狂的ファンからのツイートが多くみられたが、実際に緊迫した医療現場ではよくあることだ。病院勤務の経験がありオペ室にも入ったことのある私から言わせると、オドオドしていて何もできない新人看護師や、テンパって何もできなくなる研修医など、かなりリアルに描かれており、思わず「あ~こういう人いるよね」と感じた。

『ブラックペアン』、視聴率期待外れ…「あり得ない」シーン続出、二宮和也もキャラ微妙のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSドラマブラックペアン二宮和也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!