NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

半導体って何? まったく何も知らない人も、絶対にわかる解説をしてみよう

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

説明が難しい「半導体


「半導体」と略して呼ばれているが、本当は「半導体集積回路」である。「半導体」は物質の電気伝導性を示す性質であって、半導体集積回路の本質は、実は略されている「集積回路」のほうにある(しかし以下では「半導体」と略して書くことにする)。

 その半導体は、PC、スマートフォン(スマホ)、液晶テレビなどのデジタル家電、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、自動車など、ありとあらゆる製品に搭載されている。また、電車の運行システム、銀行や証券会社の業務、電気、ガス、水道など社会インフラの制御に至るまで、広範囲に半導体が使われている。すなわち、現在の人類の文化的生活は、もはや「半導体」なしにはあり得ない。

 そして昨年以降、IoT(モノのインターネット化)が本格的に普及し、人類が生み出すデジタルデータ量が飛躍的に増大した結果、そのビッグデータを記憶するために途轍もない台数のサーバーが必要になった。そのため、大量の半導体が必要となり、世界の半導体市場が急拡大している。

 しかし、半導体をよく知らない人に、「人類の文化的生活に半導体は必要不可欠」だとか「昨年以降、世界半導体市場が急拡大している」ことを正確に伝えることは相当難しい。なぜなら、半導体そのものが十分理解されていないわけだから、「その市場が急拡大した」と言っても、「だから、なんなんだ?」ということになってしまう。

 筆者は、半導体関係の記事を書くジャーナリストであり、半導体関係企業のコンサルタントでもある。だから、これらの仕事を行う際に、「半導体とは何か」を説明するのに相当苦労している。専門用語を多用して難しいことを難しく言うのは、実は簡単なことだ。一方、専門的なことなのに、専門用語を使わずに、難しいことをやさしく説明するのは、なかなか難しい。しかし、これができないと、ジャーナリストやコンサルタントの仕事を進めることができない場面が多いのである。

 本稿では、半導体を知らない人に、どのように説明すればわかってもらえるかをケース別に述べてみたい。その対象となるのは、以下の3ケースである。

(1)理工系の大学生のように、少しは知っているけど、詳しくは知らない人
(2)本当にまったく知らない人
(3)妻がPCやスマホを買う場合にプロセッサやメモリをどう選ぶかを説明するとき

半導体って何? まったく何も知らない人も、絶対にわかる解説をしてみようのページです。ビジネスジャーナルは、連載、サムスン電子半導体東芝メモリの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事