NEW

さすが『花男』の続編!『花のち晴れ』慣れると意外に面白い!視聴率もジワジワ上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『花のち晴れ ~花男 Next Season~』公式サイトより

 杉咲花が主演を務める連続テレビドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の第2話が24日に放送され、平均視聴率は初回より0.5ポイント上昇して7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

『花より男子』(花男)シリーズの続編という位置付けの本作。道明寺司(松本潤)率いる「F4」が卒業して10年後の英徳学園を舞台に、杉咲演じる江戸川音や道明寺にあこがれる神楽木晴(平野紫耀)、ライバル高校のホープ・馳天馬(中川大志)らが繰り広げる「痛快青春ラブコメディー」を描く。

 実はヘタレであることが音にバレてしまった晴は、音が自分を好きになればすべて丸く収まると考え、彼女をデートに誘う。英徳学園や道明寺への思いを熱く語る晴に、音は自分が英徳学園に通い続けなければならない本当の理由を打ち明ける。18歳まで英徳学園に通うことが、天馬との結婚の条件なのだ。これに動揺した晴は、C5の他のメンバーとともに天馬が生徒会長を務める桃乃園学院に潜入する。だが、天馬の能力と器の大きさに圧倒され、打ちひしがれてしまう。ふと気が付くと、音が働くコンビニの前にたどり着いていた――という展開だった。

 正直言って、第1話は観るのが相当厳しかったが、慣れてきたのか第2話はそこそこ楽しんで視聴することができた。道明寺の家から立ち去った音を呼び止めようとした晴が「言葉が出ねえ」「出ろよ声」と心の中で焦る場面には、「いや、お前はいつも声が出ていないぞ」とツッコミを入れずにはいられなかったが、それもひっくるめてほほえましい。

 第1話では、中川に貫禄がありすぎて平野はライバル役として力不足ではないかという部分が大いに気になったが、第2話の展開を見ればまあまあ納得できる。中川演じる天馬は行動力も発言力もあり、金持ちの子息なのに思いやりがあって人格にも優れているという非の打ち所がない完璧な人物として描かれる。一方、平野演じる晴は常に劣等感を抱いており、いつも虚勢を張って生きている。そして、天馬の人となりを目にして自分とのあまりの違いに落ち込んでしまうのだ。

 制作側もこれを踏まえて、言っては悪いが演技は素人同然の平野と、ほぼ役者一筋の中川をあえてライバル役としてキャスティングしたのだろう。もっとはっきり言ってしまえば、平野に演技ができないことを見越して、俳優としてのリアルな力の差が役柄上の人間力の差に見えるように中川を起用したのではないだろうか。単なる想像でしかないが、そうであればなかなかうまいやり方だといえる。

 一方、いただけない部分もいくつかある。まず、今田美桜演じる真矢愛莉。どちらかというと演出の問題だと思うが、おそらく意図しているであろう小悪魔キャラにまったくなれていない。第2話でまるでCGのように目をひん剥いて平海斗(濱田龍臣)を脅しつけた場面は、ほとんどホラー映像。全体的にただの暴力的なわがまま娘になっており、学園に君臨する女王様っぽい部分が全然感じられない。

 もうひとついただけないのは、神楽木家の執事役を演じるベテランバイプレーヤーの志賀廣太郎。もちろん志賀の演技にはひとつの文句もないが、あまりにも激やせしていて心配になってしまう。インターネット上にも同様の声が少なくないようだ。何ともないことを祈るが、ドラマスタッフやマネジャーは俳優の体調もしっかりと気遣ってほしいと思う。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

さすが『花男』の続編!『花のち晴れ』慣れると意外に面白い!視聴率もジワジワ上昇のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、King&PrinceTBS平野紫耀杉咲花花のち晴れ花より男子視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!