NEW

フジ、次クール連ドラは吉岡里帆&高橋一生が共演との情報…想定外の「不安要因」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆

 今年1月期の連続テレビドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演を果たした女優の吉岡里帆。ドラマではDVから逃れられない下着メーカー勤務のダメ女を演じ、良くも悪くも反響を呼んだ。

「初主演となった『きみが~』は、全話平均視聴率が7%台と決して高くはありませんでしたが、1月期のほとんどのドラマが低視聴率だったこともあり、初主演としては及第点といえるのではないでしょうか。昨年、あるインタビューで『グラビア時代は嫌だった』とも受け取れる発言をしたことで、ネット上では吉岡をバッシングするような書き込みも見受けられましたが、それだけ注目されている証拠でしょう」(テレビ局関係者)

 そんな吉岡だけに次回作が期待されるが、さっそくチャンスが回ってきているようだ。

「次の7月期のフジテレビ系ドラマに主演するようです。4月期は坂口健太郎主演の『シグナル 長期未解決事件捜査班』が放送中の火曜夜9時枠、いわゆるカンテレ(関西テレビ)枠。草なぎ剛の『銭の戦争』などでおなじみのドラマ枠ですね」(広告代理店関係者)

 気になるのが吉岡の共演相手だが、これも最近“お騒がせ”の人気俳優になりそうだという。

高橋一生だと聞いています。ドラマはマンガ原作モノで、社会派の青春群像劇だそうですよ」(同)

 昨年から大ブレイクを果たすも、今年2月に写真週刊誌「FLASH」(光文社)で15歳年下の女優・森川葵との熱愛が報じられて以降、人気が下降気味といわれる高橋。同誌に掲載された、レザージャケットにウォレットチェーンという“らしくない”私服姿も批判の的になった。

「高橋は昨年10月期のフジ月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』に篠原涼子の脇を固める役で出演。このときは人気絶頂だったため、各局からドラマのオファーが殺到していたなか、フジが高橋をゲットしました。あれから半年。今もって低視聴率に苦しむフジだけに、7月期ドラマで高橋の女性人気に頼りたいところでしょうが、なんともタイミングが悪い。一方、吉岡も『きみが~』で演じたキャラクターのせいで“あざとい”という印象を一部の視聴者から持たれてしまい、いまひとつ女性からの支持が伸びません。主役の2人がこういう状況で、ドラマが成功するのかどうか。こういうところにも、最近のフジの運のなさが表れていますね」(前出・テレビ局関係者)

 フジは“あざとい女”と“人気下降気味の俳優”を、うまく生かすことができるだろうか。
(文=編集部)

フジ、次クール連ドラは吉岡里帆&高橋一生が共演との情報…想定外の「不安要因」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ吉岡里帆高橋一生の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事