NEW

TOKIO山口わいせつ容疑、ジャニーズの隠蔽に局が不信…休養後に復帰の意向か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口達也

 人気ジャニーズグループ・TOKIO山口達也容疑者が、女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検された。山口容疑者は今年2月、自宅に女子高校生を呼び出し飲酒を勧めた上、無理やりキスなどの行為を行ったとされる。すでに示談が成立し、女子高校生は被害届を取り下げたとの報道もあるが、NHKは25日にEテレで放送予定だった山口出演番組『Rの法則』の放送を中止。『ZIP!』『幸せ!ボンビーガール』『ザ!鉄腕!DASH!!』など複数の山口出演番組を持つ日本テレビも、「山口メンバーの番組出演については当面の間、見送ります」とのコメントを発表している。

「山口は酒に酔うと、目をランランとさせてハイテンションになったかと思えば、ひどく酩酊し、見境なく女性に手を出すことは業界内では有名です。そのため、できるだけ女性スタッフを近づけないように配慮するテレビ局もあり、ロケ先などで実際に被害に遭った女性スタッフもいたようですが、そのたびに局が口封じをしていたため、公けにならなかっただけです」(マスコミ関係者)

 そんな山口の今後について、テレビ局関係者は語る。

「現時点で、ジャニーズ事務所は山口を解雇しない方針で、当面休養した後で復帰させる算段です。しかし、ことが強制わいせつだけに、世間の反応を考えると、現実的な話として、今後テレビ局が山口を起用することは難しい。少なくともウチでは、社内的に絶対にGOは出ない。そうである以上、山口には芸能界引退の道しか残されていないというのが、業界的には共通の感覚だと思いますよ」

 また、今回の騒動をめぐって、テレビ局側はジャニーズに対して不信を抱いているという。

「事件が起こったのは2月ですが、その後、ジャニーズと山口は被害者サイドと話し合いの末に相当な額の金銭を支払ったといわれており、ジャニーズは“穏便に済んだ話”として安心していたのです。しかし結局、書類送検になったことで公けになってしまったというのが事の顛末ですが、今日報道されるまで、山口を起用するテレビ局は一切ジャニーズから報告を受けていませんでした。いってみれば、これだけの不祥事を隠蔽されていたわけで、裏切られたという思いです」(別のテレビ局関係者)

 山口の今後は険しい。
(文=編集部)

TOKIO山口わいせつ容疑、ジャニーズの隠蔽に局が不信…休養後に復帰の意向かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TOKIOジャニーズ事務所山口達也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事