NEW

カルビー・ショック…販売不振で減益、創業家に莫大な利益をもたらした会長が突然退任

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松本晃会長兼CEO(左)と伊藤秀二社長兼COO(「カルビー HP」より)

 プロ経営者は経営改革の請負人である。企業の変革を託されて社外から招かれ、経営トップになる人をいう。プロ経営者に期待されるのは、経営改革を断行し業績を上げること。すなわち、結果を出すことに尽きる。

 プロ経営者、カルビーの松本晃会長兼最高経営責任者(CEO)が6月下旬の株主総会後に退任する。

 松本氏のプロ経営者としての実績は申し分ない。伊藤忠商事の出身で、商社マンから医療機器メーカー、米ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人の社長を経て2009年、カルビーの会長兼CEOに就いた。カルビー創業者である松尾孝氏の三男で3代目社長の松尾雅彦氏から、三顧の礼をもって経営トップに迎えられた。

 カルビーの非常勤取締役だった松本氏は、暗礁に乗り上げていた米ペプシコとの資本・業務提携交渉を全面的に任され、短期間のうちにカルビーに有利なかたちでまとめ上げた。その鮮やかな手腕に舌を巻いた松尾氏が、松本氏を経営トップに招聘したという経緯がある。

 経営改革を託された松本氏は、「悪しき文化をぶっこわす」と、ぬるま湯体質だったカルビーの社風を変えた。財務体質の改善が急務だったため、徹底したコスト削減を実施。その分を商品の値下げの原資とし、国内スナック市場で販売を伸ばしていった。販売増に伴って工場稼働率が大幅に改善した。

 11年3月11日、東日本大震災の発生当日、カルビーは東証第1部に上場した。その後、カルビーは快進撃を続け、その手法は“松本マジック”と呼ばれた。その最たるものは、営業利益率の改善である。松本氏が経営トップに就任した09年3月期に1.5%にすぎなかった営業利益率は、17年3月期には11.4%となった。

正念場を迎えているカルビー

 ただ、現在は業績の踊り場を迎えている。18年3月期の売り上げは前期比1.4%増の2560億円、営業利益は同4.7%減の275億円の見込み。北海道などの天候不順で主原料のじゃがいもを確保できなかったことにより、稼ぎ頭のポテトチップスの生産が停滞した「ポテチショック」と、北米での販売不振が重なり、営業利益は松本氏が社長就任以降初めての減益となる。

「目標必達」としてきた松本氏は、減益となるのを機にケジメをつけたとの見方も広がっている。地位にしがみつかないところがプロ経営者のプライドといえる。退任を発表する会見で「もともと、長くやるつもりはなかった。4年程度で退任するつもりだった」と述べている。

カルビー・ショック…販売不振で減益、創業家に莫大な利益をもたらした会長が突然退任のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、カルビープロ経営者伊藤忠商事松本晃の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!