NEW

TOKIO「山口達也容疑者」ではなく「山口メンバー」に揶揄続出…ジャニーズへの配慮?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
謝罪会見を行う山口達也

 TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検され、世間を大きく賑わせている。山口は、仕事を通じて知り合った女子高校生を自宅に招いて飲酒を勧めたうえ、酔った勢いで無理やりキスをしたという。

 山口が所属するジャニーズ事務所は25日に「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させて頂きました」とコメントを発表。26日には山口自身が会見を開き、被害女性やTOKIOのメンバー、ファンなどに対して涙ながらに謝罪した。

 TOKIOはジャニーズ事務所でも1、2を争う人気グループで、しかも中心的に活躍する山口が起こした騒動の影響は大きく、すでにさまざまなところで問題が生じている。

 まず影響が出たのは、山口が出演していたテレビ番組だ。一部では、山口が被害女性と知り合うきっかけになったと報じられている『Rの法則』(NHK)は、25日と26日の放送を中止し、別番組に差し替えた。さらに、同番組の公式サイトにアクセスできない状況となり、公式Twitterからも投稿が削除された。

 また、25日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)も別番組に差し替えられるなど、各テレビ局は対応に追われている。これに対してインターネット上では、「『TOKIOカケル』せっかくの米倉涼子ゲスト回だったのにショックすぎる!」「せめてあと1日遅く報道されてほしかった」などと悔しがる声が上がった。ほかにも、「『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)は撮りためている分が相当ありそうだけど、大丈夫かな」と心配する書き込みも見られる。

「山口達也メンバー」の呼称が物議

 そんななか、さまざまなメディアが今回の出来事を報道する際に、「山口メンバー」と呼んでいることに対して、大きな関心が集まっている。「山口容疑者」や「山口さん」ではなく、一般的に聞き慣れない呼称を多くのメディアが使用していることに違和感を抱く視聴者が続出している。『ZIP!』(日本テレビ系)で山口と共演している桝太一アナウンサーも、普段は「達也さん」と呼ぶが、26日の放送では「山口達也メンバー」と呼んだ。

 その理由について、25日放送の『Nスタ』(TBS系)では、すでに示談が進んでいるため「さん」や「容疑者」を用いないと説明した。今回と同様のケースとしては、過去に元SMAPの稲垣吾郎が公務執行妨害で逮捕された際に「稲垣メンバー」と呼ばれたほか、島田紳助が「島田司会者」、布袋寅泰が「布袋ギタリスト」と報道されたことがある。

 だが、たとえ示談が成立したとしても、捜査中であって起訴・不起訴の判断が出る前であれば一般的には「容疑者(法律上は被疑者)」を用いる。そのため、テレビ局がジャニーズ事務所に対して忖度していることが原因ではないかと見る向きが多いのだ。ネット上では「『山口メンバー』に激しく違和感」「『山口ベーシスト』でもよくない?」「『山口棟梁』でもいいよね」などと揶揄する声が少なくない。

 山口は2011年に、免許証の有効期限が切れていたことで無免許運転の容疑で書類送検されており、自身2度目の警察沙汰となった。しかも、今回は今まで築いてきた「誠実」なイメージを完全に崩壊させる「強制わいせつ」とあって、芸能活動再開は絶望的という見方も広がっている。

 TOKIOは2020年東京オリンピックの顔として、「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーに就任している。この任に関しても、東京都はどう対処するか検討中だという。

 はたしてこの先、山口とTOKIOはどうなっていくのだろうか。
(文=編集部)

TOKIO「山口達也容疑者」ではなく「山口メンバー」に揶揄続出…ジャニーズへの配慮?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、Rの法則TOKIOジャニーズ事務所山口達也強制わいせつの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事