NEW

話題沸騰『おっさんずラブ』胸キュンの視聴者続出!「おっさんの三角関係」が怒濤の展開

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日系『おっさんずラブ』公式サイトより

 4月21日にスタートした今クールの連続テレビドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。「土曜ナイトドラマ」枠で夜11時15分からという遅い時間帯のドラマだが、公式サイト上に「主演・田中圭」「ヒロイン・吉田鋼太郎」「ライバル・林遣都」とあるように“おっさん同士の恋愛”が描かれるとあって、インターネット上では放送前から注目を集めていた。

 同作は2016年の年末にも深夜の単発ドラマとして放送され、ネット上で話題を呼んだラブコメディー。田中と吉田は前作からの続投で、今作は林のほか、内田理央、眞島秀和、大塚寧々といった新キャストを加えてパワーアップしている。

 主人公の春田創一(田中)は、女好きだがモテない33歳の営業マン。第1話では、通勤中に痴漢と間違われていたところを、尊敬する上司・黒澤武蔵(吉田)に助けられるも、黒澤の携帯電話の画面に自分の顔写真を見つけてしまう。さらに仕事中には、黒澤のパソコンに自分の隠し撮り写真が大量に保存されていることを知り、動揺する春田。

 そんななか、本社から春田の営業所に異動してきたのが、牧凌太(林)だった。牧は春田の後輩にあたり、礼儀正しく、仕事熱心で、料理もできるイケメン。実家暮らしで家事など何もできない春田は、母親が家を出てしまい困っていたため、牧にルームシェアを提案する。さっそく引っ越してきた牧のおかげで、春田の生活レベルは向上したが――。

 ある日、黒澤に呼び出された春田は、ついに愛の告白を受けてしまう。自分の“常識”からは考えられない状況に困惑し、思い悩む春田だったが、なんとその後、牧からも告白されるという予想外の事態に。しかも牧は、告白の勢いでいきなり唇を奪うといった大胆な行動を取り、春田を驚かせたのだった。

 同ドラマでは、男性同士の恋愛を描いた「BL(ボーイズラブ)」ならぬ「OL(オッサンズラブ)」が展開される。とはいえ、田中は実年齢も33歳で見た目も若く、林に至ってはまだ27歳だ。「おっさん」といっても違和感がないのは59歳の吉田くらいだが、吉田演じる黒澤は春田のことを「はるたん」と呼び、彼の前では乙女モードが発動。ネットユーザーの間では、その“見た目とのギャップ”が「可愛い!」と評判だし、昨今「オジ専」や「枯れ専」と称される“オジサマ好き女子”にとって、吉田はそもそも「萌えの対象」なのだ。

 一方で、もともとBL系の作品に馴染みのない層もいるかもしれない。けれどもネット上の書き込みを見る限り、「ラブコメ感が強くて、BLがどうとか気にならない」「少女漫画みたいでキュンキュンする」「BLには興味ないから見るか迷ったけど、結果的に見て良かった」「まったく違和感がない。むしろ今期一番おもしろいドラマ!」などと盛り上がっており、BL要素に引っかかりを感じた人は少なそうだ。

 林はこれまでに同性愛者の役を複数こなしているし、今作の新キャストの一人・眞島も、1月クールの連ドラ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で同性愛者を演じていた。ネット上には「ドラマで見慣れてきたせいか、同性愛って聞いても戸惑うことがなくなった」という声もある。より多くの視聴者が自然と受け入れられるように、あえてラブコメ仕立てにしている『おっさんずラブ』に不快感は感じない。

 単純にドラマの展開としても、春田をめぐる黒澤と牧の“三角関係”が今後どう変化していくのか、非常に気になる。深夜枠ながら話題沸騰の同ドラマから、目が離せない。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

話題沸騰『おっさんずラブ』胸キュンの視聴者続出!「おっさんの三角関係」が怒濤の展開のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、おっさんずラブ吉田鋼太郎田中圭の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事