NEW

演劇界の至宝・吉田鋼太郎がヒロイン役にぴったり! 面白くも切ない『おっさんずラブ』の素晴らしさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

演劇界の至宝・吉田鋼太郎がヒロイン役にぴったり! 面白くも切ない『おっさんずラブ』の素晴らしさの画像1
番組オリジナルInstagramアカウント 武蔵の部屋【公式】より

 吉田鋼太郎(59)は演劇界の至宝である。筆者が舞台に立つ彼を初めて観たのはたしか10年ほど前のことだ。上智大学を中退後から舞台に出演し続けてきた吉田の長い演劇キャリアから考えれば、ごく最近の彼しか知らないということになるだろう。

 舞台に立つ吉田鋼太郎を初めて観たとき、なによりその滑舌の素晴らしさに驚いたものだ。明確で正確な発音であるけれど、カクカクとした不自然さは一切ない。彼が舞台で放つセリフは、ひとつとして耳から零れ落ちてしまうものはなかった。すべてが耳に脳に、しっかりと残るのである。むろん、滑舌だけではなく演技の上手さは言わずもがなだ。それについてはいまや日本中の多くの人々が知っているだろうと思われるのでここでは語るまい。とにもかくにも、吉田鋼太郎は「舞台の神様に愛された人間」独特のオーラをまとっている役者であり、ゆえに演劇界の至宝と言ってもまったく過言ではないと筆者は思うのである。

 そんな演劇界の至宝は、いまやテレビドラマ界でも欠かせない存在となった。吉田がいまのようにテレビや映画に積極的に出演するようになったのは、たしか2010年頃だったと記憶している。菅野美穂主演で2010年10月より放送された『ギルティ 悪魔と契約した女』(フジテレビ系)がスタートした当初、吉田が出演していることに「あ、この人ついにテレビに進出したんだ!」と筆者はたいそう驚いたものだ(なんとなく舞台一筋でいく人、と勝手に思い込んでいたので)。

演劇界の至宝・吉田鋼太郎がヒロイン役にぴったり! 面白くも切ない『おっさんずラブ』の素晴らしさのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事