NEW
西川立一「流通戦争最前線」

MEGAドンキUNY、究極のノウハウ結集で圧巻…スーパーと家電量販店から客を争奪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MEGAドン・キホーテUNY大口店

 GMS(総合スーパー)は長らく低迷が続いており、イオンリテールやイトーヨーカ堂は再生に向けてさまざまな取り組みを行ってきた。ユニーは自力ではなく、昨年11月、ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスが資本・業務提携し、ドンキの力を借りて他力で既存店の活性化を図るという思い切った策に打って出た。

 今年2月21日、「MEGAドン・キホーテUNY」の1号店「大口店」(横浜市神奈川区)、3月に入り、愛知県で3店舗、神奈川県と三重県に各1店舗、合計6店舗を矢継ぎ早に出店した。いずれもユニーのGMS「アピタ」「ピアゴ」をリニューアルした業態転換店舗だ。

 大口店は1991年3月、JR大口駅前から移転して、高級雑貨も扱う「雑貨創庫ユニー大口店」としてオープン。その後、雑貨の比率を下げて「ユニー大口店」として営業、さらに「ピアゴ」となり、四半世紀にわたって紆余曲折を経てきた。それはさまよえるGMSの歴史でもあり、GMSの苦悩の深刻さを表すものでもあった。

 そして今回、その苦難の連鎖を断ち切るべく、GMSの衣を脱ぎ捨て、ドンキとユニーのダブルネームのフルラインディスカウンターとして再出発することになった。両社はユニーとドンキの強みを活かしたと言うが、ドンキのノウハウを多数導入し、ユニーの売場を上書きし、実質的にはほぼドンキの店舗に仕上がっている。

 MEGAドン・キホーテUNYは、ユニー時代のシニア狙いからニューファミリー狙いに切り替え、顧客層の若返りを図ることで、GMSの顧客の高齢化に歯止めをかける。そして、主婦だけではなく、学生や単身者などより幅広い所得者層の獲得を狙い、売上の拡大をもくろんでいる。

 若年層はドンキの得意とするターゲット、加えて近年は郊外の店舗を中心に食品を拡充し、主婦層も取り込んでおり、ユニーの既存顧客が客離れしなければ、プラスアルファの集客が見込めるだろう。

 取り扱う商品は、GMSの不振の要因で戦犯ともいうべき衣料品と住関連商品に、思い切ってメスを入れた。大口店では低価格を前面に押し出し、インナーやホームウエアなど実用衣料に絞り込み、住関連も洗剤、トイレットペーパーなどの日用消耗品やコスメを従来の約3倍と売場を大幅に拡大した。確実に売上が見込めるアイテムを強化することで売場効率を上げて改善を図る。



MEGAドンキUNY、究極のノウハウ結集で圧巻…スーパーと家電量販店から客を争奪のページです。ビジネスジャーナルは、連載、MEGAドン・キホーテUNYユニクロユニー・ファミリーマートホールディングスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!