NEW

組織の生産性を落とし、チームをダメにする“ブラック上司”の特徴

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『もしかしてブラック上司?』(柴田励司著、ぱる出版刊)

 「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」といった言葉が話題になる昨今、「自分は大丈夫」と思っている上司の立場の人は多いかもしれない。しかし、セーフだと思っている言動が、部下からしてみればパワハラやセクハラになっていることがある。

 もう「世代や価値観の違い」では済まされない。ブラックな上司と言われないようにするには、どう振る舞えばいいのだろうか。

 『もしかしてブラック上司?』(柴田励司著、ぱる出版刊)は、よかれと思ってやったことがブラック上司と認定されてしまう企業社会と部下心理に焦点を当て、ブラック上司回避テクニックを紹介する一冊だ。

 そもそも会社が「ブラック企業」かどうかを判断するには、上司を見ればすぐに判断できると著者は言う。上司が「ブラック上司」であれば、その部下にとって会社はブラック企業になる。多くの場合、ブラック企業の原因はブラック上司にあるのだ。

 では、どんな上司がブラック上司の仲間入りをしてしまうのか。2つピックアップしよう。

■部下の時間を奪う上司

 不合理な指示や軽率な行動で部下の時間を理不尽に奪い、個々のパフォーマンスを下げてしまう上司がいる。

 たとえば、指示や判断が遅いため、部下を待たせてしまいムダな時間を費やしてしまう。こうした上司の言動がネックとなり、仕事が前に進まない状況が生み出されているのだ。

 メールの対応一つとっても、部下だからといって待たせていけないのは当然ないだろう。上司による部下への対応が不十分だからこそ、生産性が落ちていくのだ。

■保身に走る上司

 部下に信用されない上司の典型が、保身に走る上司だと著者は指摘する。課長の指示でやったことなのに、問題が起きたときに、担当した部下と問題そのものだけがクローズアップされ、課長は「自分の指示が原因だ」とは決して言わない。

 部下からすれば「課長の犠牲になった」としか思えず、その上司は保身上司となって信頼が崩れていく。

 こうならないためにも、問題が起きたとき、上司は問題解決に動くと同時に、すぐに「指示したのは自分である」と明言しなければいけない。仮に「指示は間違っておらず、担当者がミスをした」場合でも、任命責任を感じ、申し出ることで部下を守ろうとする姿を見せる上司でなければ、ブラック認定されてしまうだろう。

 本書を読んで、どれかの項目に思い当たる節があるという人もいるだろう。よかれと思っての言動も、部下からしたらパワハラ、セクハラと感じているかもしれない。そして、自分の言動が組織の生産性を落としているとすれば…すぐに変わらないといけないのは上司自身である。

 知らず知らずのうちにブラック上司にならないためにも、普段の自分の言動を思い返しながら本書を読んでみてはどうだろう。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

組織の生産性を落とし、チームをダメにする“ブラック上司”の特徴のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、セクハラパワハラ上司の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!