NEW

山口達也事件でジャニーズ、TOKIOに責任被せ「公開処刑」…メリー副社長らは責任逃れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月2日、会見をするTOKIOメンバー

 5月2日、TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也は、メンバーの山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことについて(1日に起訴猶予処分)、都内で会見した。
 
 冒頭で城島は4月30日の夜に山口も含めたメンバー5人で話し合ったことを説明。山口が城島に、TOKIO脱退とジャニーズ事務所退社の意向を示す辞表を提出したことを明らかにした。現状では城島が辞表を預かったままにしているといい、山口の脱退と退社は保留状態になっているという。

「脱退の意思をメンバーに告げるのはわかりますが、退社の意向もメンバーに任せるのか。通常は会社なり、マネージャーなりに伝える。ジャニーズ事務所は、この問題を“TOKIOの問題”として収めようとしているようにみえる。会見を見てもわかるように、TOKIOは責任感が強い。それを良いことに事務所が責任を放棄してはいけない。メンバーにメンバーの保護義務があるわけではない。メンバーを管理するのは事務所の仕事ですよ」(芸能界関係者)

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は5月1日、「弊社としましては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」とのお詫びのコメントを発表した。1時間半の長丁場となった2日の会見では、このジャニー社長のコメントをどう感じたかについて質問は飛び、城島は前日の1日に電話でジャニー社長と話したこと打ち明け、松岡は「自分たちの親ですから。親にそんなことを……。情けない気持ちでいっぱいです」と涙した。

「ジャニーズ事務所の社長はジャニーさんですが、彼は育成中心。マスコミ対策も含めた管理面はメリー喜多川副社長の仕事です。ジャニーズはこの役割分担で何十年もやってきた。それなのに、メリーさんは自分が困った時には出てこず、ジャニーさんにコメントを出させ、メンバーに丸投げして責任を被らせる。TOKIOの担当であり、メリーさんが次期社長と明言している藤島ジュリー景子副社長も公式コメントを出さない。彼女の管理責任も問われるべきです」(テレビ局関係者)

 会見でこの点を問う記者がいてもおかしくなかったが、メリー氏とジュリー氏に関する質問は出なかった。

「挙手をした記者のなかから司会者が選んだのは、テレビ局とスポーツ紙、福島民友だけ。ジャニーズが懇意としているメディアだけに絞っている。世論を納得させたいなら、最も敵対している『週刊文春』(文藝春秋)などにも質問をさせるべきだった。SMAP解散騒動の時は、責任をすべてメンバーに押し付けるかたちでテレビ番組で謝罪させ、世間から“公開処刑”との批判を浴びました。あれだけの批判を浴びたのに、今回はTOKIOのメンバーに大勢のマスコミの前で謝罪させ、事務所はダンマリを決め込む。ジャニーズの体質は何も変わっていないことを示しています。ジャニーズ幹部の都合の悪いことから逃げる姿勢、臭いものには蓋をする態度が、今回の事件、そして事件後の対応につながったといえるでしょう」(マスコミ関係者)

 ジャニーズの信頼回復への道のりは遠いようだ。
(文=編集部)

山口達也事件でジャニーズ、TOKIOに責任被せ「公開処刑」…メリー副社長らは責任逃れのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TOKIOジャニーズ事務所山口達也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!