NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

女子高生、インスタ等で「最低2つ」アカウント利用の理由…「自分のポジション」の時代

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 デジタルアーツの「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」(2018年3月)によると、SNSの裏アカウントの所有率は子ども全体では39.6%、女子高生では68.9%に上った。

 理由は、「誰にも知られたくない感情が言えるから」が35.9%、「趣味が合う仲間と深く繋がれるから」が35.9%、「ストレス発散に言いたいことが言える」が26.9%だった。

 なぜ10代の若者たちはSNSで複数アカウントを所有するのか。そこに危険はないのだろうか。

気遣い・使い勝手で複数アカウント作成


 裏アカウントがあるということは、本アカウントもあるということだ。つまり、複数アカウントを運用しているということになる。

 SNSにおいて複数アカウントが運用しやすいのはTwitterとInstagramだ。どちらも公式アプリに、新しいアカウントを追加・管理する機能がついている。Facebookでは規約で実名制と1人1アカウントという決まりを明らかにしているが、TwitterやInstagramは匿名性が高い。また、情報収集のために利用するユーザーが多いので、複数アカウントと親和性が高いのだ。

 ある大学の1年生数十人に話を聞いたところ、ほぼ全員がTwitterで複数のアカウントを使い分けていた。多い子では8個ほど、少ない子でも2個程度は持っていた。アカウントの種類は、大学用の本垢(アカウント)、高校の友達用垢、趣味の情報をやり取りするための趣味垢、親しい友人だけに公開する裏垢、誰にも公開せずネガティブなことをつぶやく闇垢など、人によってさまざまだった。

 彼女たちに聞いたところ、「高校の友だちは大学のことは興味がないと思うから、関係ないことが流れていかないようにアカウントを分けた」「高校時代の人間関係とか投稿したこととか大学の友だちには見られたくないから」など、気を遣った結果アカウントを分けているケースが多い。

 一方、「情報を取得する際に、趣味関心や人間関係でアカウントを分けておくとほしい情報だけが取れるから」と使い勝手で分けている人もいる。Twitterにはリストという機能があるが、アカウントを使い分けることでリストのような使い方をしているというわけだ。

女子高生、インスタ等で「最低2つ」アカウント利用の理由…「自分のポジション」の時代のページです。ビジネスジャーナルは、連載、InstagramSNSTwitterの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!