NEW

武豊、復帰レースで渾身の騎乗を見せるか!?ヴィクトリアマイルの「狙い馬」はコレ!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴィクトリアマイルで武豊騎手が復帰

 武豊騎手が戻ってくる。4月22日に2週間の騎乗停止処分を受けたが、ようやくその2週間が終了したのだ。5月6日に行われたNHKマイルカップの馬券売上は昨年を超えたが、来場者は昨年より減少しており、やはり武豊不在の影響もあったと思われる。悲願のG1レース初優勝を成し遂げた藤岡佑介騎手には申し訳ないが、やはり華やかさやマスコミ受けは段違い、盛り上がりに欠けた感は否めない。

 この2週間で武豊が失ったものは大きい。天皇賞(春)では乗り替わりとなったクリンチャーが3着、NHKマイルカップも乗り替わりとなったケイアイノーテックが優勝と結果を出しており、歯がゆい気持ちでレースを見ていたのではないだろうか。それだけに、武豊もこの2週間の遅れを取り戻すべく気合十分のはずで、今週末に行われる第13回ヴィクトリアマイルでは渾身の騎乗を見せてくれるだろう。

 ヴィクトリアマイルは牝馬限定のG1レースで、春の女王決定戦という位置付け。今年は昨年の優勝馬・アドマイヤリード、昨年のNHKマイルカップ優勝馬・アエロリット、昨年の優駿牝馬(オークス)優勝馬・ソウルスターリング、昨年の桜花賞優勝馬・レーヌミノル、桜花賞馬であり3月の高松宮記念2着のレッツゴードンキといったG1レース優勝馬に加え、重賞3連勝中のミスパンテール、東京新聞杯を勝ったリスグラシュー、中山牝馬ステークスを勝ったカワキタエンカ、愛知杯を勝ったエテルナミノルなど、ハイレベルなメンバーが出走する。この中で武豊が騎乗するのは、優勝候補の一角であるリスグラシューだ。

ヴィクトリアマイルは混戦模様

 春の牝馬はフケ(発情)などの影響もあり、非常に体調管理と状態把握が難しいといわれている。ヴィクトリアマイルも波乱続出の難解なレースで、2017年は91万8700円、15年には最低人気馬の激走で2070万5810円という超高額万馬券も飛び出している。さらに14年も13年も、払い戻しが1000倍以上となる“10万馬券”となっており、1番人気馬は、過去12回でわずか3勝、現在4連敗中という、まさに予想困難なレースとなっている。

 強い馬が人気通りに勝利するのも競馬の良さであるとともに、まさかの人気薄馬が低評価を覆して勝利するのも競馬の醍醐味。その最たる例といえるのが、14年にヴィクトリアマイル2連覇を達成したヴィルシーナだろう。13年にヴィクトリアマイルでG1レース初優勝を達成した時、ヴィルシーナは1番人気に支持されていた。しかし翌年、連覇を目指したヴィルシーナはなんと11番人気の低評価。見せ場もなく6連敗を続けていた同馬に、マスコミもファンも見切りをつけての低評価だったわけだが、その低評価をあざ笑うかのような快勝劇を見せたのだ。まさに歴史に残る復活劇だったといえるだろう。

ヴィクトリアマイルで2連覇を達成したヴィルシーナ

 ヴィルシーナと聞いて思い浮かべるのは、オーナーである大魔神こと元プロ野球選手の佐々木主浩氏だ。野球選手として、日本プロ野球と米メジャーリーグで成功を収め、馬主としてもヴィルシーナ、ヴィブロス、シュヴァルグランでG1レースを5勝もあげている。今年も3月31日に行われたドバイターフでヴィブロスが2着、4月29日に行われた第157回天皇賞(春)でシュヴァルグランが惜しい2着となるなど、その勢いに衰えはない。

 その佐々木氏がレースで馬券を買ってみたい“狙いの馬”を公開しているサイトがある。それが、今話題の「うまスクエア」だ。佐々木氏は現役の馬主であり、かなりの著名人である。その影響力は大きく、おそらく日本で最も有名な馬主といえるだろう。そんな立場にある佐々木氏が自らの狙い馬を公開するのは異例といえる。多くの馬主は、こういったファン向けの活動をしておらず、マスコミにほとんど登場することのないディープインパクトの金子真人オーナーのように、自らの露出に関しては消極的なケースがほとんどだ。それだけに、現役馬主の生の話は非常に価値があるといえる。

 その佐々木氏の狙い馬が見られるのは、すべてのコンテンツが完全無料という競馬ポータルサイトの「うまスクエア」で公開されている『大リーグボール22号』だ。まさに佐々木氏ならではのタイトルだが、コラムは10年5月の東京優駿(日本ダービー)週からスタートし、8年間で849回も連載を継続しているのだから驚嘆する。ちなみに、バックナンバーも公開されており、14年に11番人気でヴィルシーナがヴィクトリアマイルを制した時の話もしっかり読むことができる。レースに向けての陣営の努力、レース当日は競馬場へ向かうもレースに間に合わず、車の中でラジオを聴きながら応援していたことなど、佐々木氏本人ならではの裏話は一読の価値がある。

 今週末のヴィクトリアマイルで佐々木氏がどんな馬を狙うのか、馬主ならではの視点、そして“持ってる男”の直感に注目したい。

 さらにせっかくなので、ヴィクトリアマイルに向けて「うまスクエア」をうまく活用してみたい。このサイトには、ほかにも魅力的なコンテンツがあり、予想の参考になるのは間違いない。なかでも特にオススメなのが『穴馬券ネオメソッド』だ。

 この『穴馬券ネオメソッド』は、合格率わずか2.8%という超難関の司法書士試験に合格した頭脳を持つ境和樹氏が、独自に開発した血統をベースにした予想法だ。狙いは1着馬を狙う単勝と3着以内に入る馬を狙う複勝を組み合わせた「単複馬券」。どうしても購入点数が多くなってしまう馬連、3連複、3連単馬券ではなく、シンプルに3着以内が見込める人気薄馬を狙う単複馬券は、購入点数が増えず資金が少なくても競馬を楽しめる優良な馬券だ。もちろん、少なくなった分の資金を厚く投入することで大きな払い戻しも狙えるため、初心者にもベテランにも適した購入方法といえるだろう。

 競馬において血統は非常に重要なファクターであるが、それを初心者が完璧に理解して予想に生かすのは不可能に近い。それを境氏のようなプロの見解にゆだねることで、時間を有効活用できるのだ。加えてこの『穴馬券ネオメソッド』は、初心者にもわかりやすく血統や傾向を解説しており、初心者が血統を学ぶのに最適なものとなっている。また、境氏が執筆した『単複進化論!』(ベストセラーズ)は、アマゾンでトップセールスを記録するなど人気を集めており、レースに関する結論は「YouTube」でも公開している。「穴馬券ネオメソッド」で検索すると見つかるので、ぜひチェックしてほしい。

 また、レースアナリスト・田中充興氏が提供する『注目レース人気馬格付けチェック』や、『重賞パーフェクトデータ』といった予想の参考になるもの、そして早稲田大学特任教授・本村凌二氏がおくる『ワイド1点予想』や、『採れたてトレセン情報』などの読みものもあり、週末以外も楽しめる。

 前述したように「うまスクエア」は、すべてのコンテンツが無料だ。しかも、登録に必要なのはメールアドレスのみで、本名やクレジットカード情報、電話番号といった個人情報は一切不要だ。こんな便利で楽しめるサイトを利用しない手はないだろう。今週末のヴィクトリアマイルのみならず、オークスや日本ダービーに向けて、今からこの「うまスクエア」を使いこなしておこう。
(文=編集部)

CLICK → 「無料公開!大魔神佐々木氏のヴィクトリアマイル最終結論」うまスクエア

※本稿はPR記事です。

武豊、復帰レースで渾身の騎乗を見せるか!?ヴィクトリアマイルの「狙い馬」はコレ!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAヴィクトリアマイル佐々木主浩武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!