NEW

任侠山口組代表襲撃事件の容疑者目撃情報に尼崎は騒然…当局が動くも肩透かし !?【沖田臥竜コラム】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
容疑者目撃情報があった尼崎の通り

 兵庫県尼崎市。去年、任侠山口組が結成会見を開いて以降、この地が山口組分裂騒動の中心として注目を浴びてから1年が過ぎた。今では、当初の喧騒も混乱も消え去り、以前と同じ穏やかな街の風景へと戻っている。

 5月に入ってからは、市内にある任侠山口組二代目古川組本部事務所前において24時間体制で警戒にあたっていた警察車両が引き上げており、任侠山口組の本拠地として官報に公示されている、四代目真鍋組本部前からも警察車両の姿はなくなっていた。近くには覆面パトカーが待機はしているものの、一時の警戒体制に比べると、随分と緩み始めた印象がある。

 そうしたなかで、まさかの一報が駆け抜けた。

 5月9日、筆者は所用で大阪市北区に向け車を走らせていた。そこに知り合いから一本の電話が入った。

「今、織田さんを襲撃した容疑者を尼崎で見ましたよ!」

 昨年9月に神戸市内で任侠山口組の織田絆誠代表を襲撃し、警護役だった組員を射殺した容疑で指名手配中である神戸山口組傘下の元組員を発見したというのだ。この知り合いは、すでに捜査当局に撮影した写真を提供しており、それを見て当局も色めき立っていたという。

 筆者も所用を中断させて尼崎に向かい、撮影された写真を確認した。そこに写る人物は、まさに報道で何度も目にした容疑者と瓜二つだった。すぐさま尼崎市内では当局による警戒網が広められ、あちらこちらでしらみつぶしに聞き込み調査が行われていた。筆者も目撃現場で捜査関係者に話を聞いたが、「(捜査内容について)断定したことは言えない」との回答を得たにすぎなかった。

 だが、疑惑がなければ、捜査関係者も動き始めることはなかっただろう。筆者は目撃者から詳しくその時の状況を聞きながら、事実であれば一体どういった事態になっているのかと考察をしていた。果たして、任侠山口組が本拠地を置く尼崎市で、逃亡中の容疑者が1人でうろついていることなどあるだろうか。

 だが、人の動向というものは、他者がいくら考えたところで憶測の域を出ることがない。可能性は無限であり、「常識的に考えて、そんなことはありえない」と言い切ることなど誰にもできないのだ。

 この頃には業界関係者の間にも噂は広まっており、筆者の携帯電話にも報道関係者からの電話が鳴り始めていた。そうした最中に、知らない番号から筆者の携帯電話が鳴らされた。それは、“3つの山口組”のひとつで直参組長を務める大物からだった。数年ぶりに会話することになったその組長は、世間話を少しした後で、筆者にこう告げた。

「多分、人違いと思うで」

 組長は、同じ言葉を2度繰り返した。その声色は何かを知っているのではないかと思えるほど意味深で、筆者はなぜか深く聞き返すのをためらってしまったほどだった。

 そして、その数時間後には、捜査関係者も「尼崎で目撃された人物は、容疑者とは別人であった」と複数の関係先に告げたと言われている。

「すでに容疑者はこの世に存在しない」との声も

 実際、本当に別人であったかどうかは筆者も判断はつかない。しかし、翌日10日には当局が、二代目古川組本部周辺の警戒を強めたために、「やっぱり容疑者だったのではないか」と再び不穏な空気が流れた。

 だが、その空気もすぐに変化する。捜査当局が警戒を強めたのは、任侠山口組がこの日、執行部会議を二代目古川組で開催させたからだった。そして11日の尼崎は、いつもと変わらぬ静かな街へと姿を戻していた。

 織田代表襲撃事件から、8カ月の月日が流れた。筆者が知り得る限り、この間に容疑者を目撃したという情報が話題になったことはない。一部には、すでに容疑者はこの世に存在しないのではないかという声もあり、そのことについて筆者も夕刊紙の取材を受けたことがあった。

 真相はあくまで闇の中である。しかし突然駆け抜けた目撃情報で、尼崎に不協和音が響いたのは間違いない。仮に、容疑者が1人で尼崎をうろついていたのなら、一体何が目的だったのだろうか。筆者が見る限り、別人とするには、あまりにも容疑者に似た写真であったことだけは間違いない。
(文=沖田臥竜/作家・元山口組二次団体幹部)

●沖田臥竜(おきた・がりょう)
元山口組二次団体最高幹部。2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)。最新刊は『尼崎の一番星たち』(同)。

任侠山口組代表襲撃事件の容疑者目撃情報に尼崎は騒然…当局が動くも肩透かし !?【沖田臥竜コラム】のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、任侠山口組六代目山口組神戸山口組織田絆誠の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事