NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2018年1~3月】

「若者のLINE離れ」は起きていなかった…むしろ利用率上昇

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEの画面(写真:ロイター/アフロ)
 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉をよく聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。


 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 今回も、同社のコンサルティング本部長の岡田雄伸氏に2018年第1四半期(1~3月)を中心にアプリの動向を聞いた。

10代男女がハマる「Tik Tok」の魅力とは


――本連載では3カ月ごとにその時期を象徴するアプリを岡田さんに紹介してもらっていますが、今回(18年1~3月)は何になるのでしょうか?

岡田雄伸氏(以下、岡田) 該当の四半期で“ぶっちぎり”というものはなかったのですが、傾向としてはライブ配信の動画視聴アプリが伸びています。注目は「Tik Tok(ティックトック)」です。ほかにも「17Live(イチナナライブ)」や「SHOWROOM」などがあります。「SHOWROOM」は以前から安定してユーザーが多く、一方「Tik Tok」は急に伸ばしています。

左から「17Live」「SHOWROOM」「Tik Tok」の紹介画像(「グーグルプレイ」より)
――「SHOWROOM」は利用者がライブ動画を投稿し、それに視聴者が応援のかたちで「投げ銭」をできるサービスですよね。「17Live」も仕組みは似ています。一方、「Tik Tok」の特徴はなんでしょうか?

岡田 「Tik Tok」は、ほかの2つとはだいぶ異なりますね。特徴はリップシンクです。リップシンクとは、既存の歌に合わせて“口パク”などのパフォーマンスをするコンテンツのこと。もともと、リップシンクアプリ「musical.ly」があり、「Tik Tok」を運営するBytedance社がmusical.ly社を買収しました。そのため、これらのサービスの基本的な仕組みは似ています。

――「Tik Tok」で利用者が動画をつくる際にはまず音楽を選ぶことからも、「音楽ありきで、口パクやダンスなどのパフォーマンスをするアプリ」なんですね。(※音楽なしで動画作成も可)。しかし、リップシンクの動画を見るとノリが若いですね。ツイッターで「Tik Tok」と検索すると、中高生のリップシンク動画がたくさん出てきます。

岡田 「Tik Tok」「17Live」「SHOWROOM」のアプリの所有者の性年代別の比率を「App Ape」で比較してみましょう。

「App Ape」より
 数値は出せないのですが、「Tik Tok」とそれ以外のアプリでは、明らかにグラフの形が違いますよね。「Tik Tok」は10代の所有者が一番多く、それに20代が続いています。また、10~20代では男女ともに人気がありますね。

――「17Live」「SHOWROOM」は男女で利用動向に差が出ており、どの世代も女性より男性の所有者が多い。それは年代が上がるほど顕著ですね。「17Live」「SHOWROOM」で動画を投稿する演者は若い女性が多いですが、それを見ているファン層は男性が多く、その年代もかなり幅広いのですね。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!

amazon_associate_logo.jpg

「若者のLINE離れ」は起きていなかった…むしろ利用率上昇のページです。ビジネスジャーナルは、連載、17LiveLINESHOWROOMTik Tokアプリの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!