NEW

みやぞん、24時間ランナー「トライアスロン」に「チャリティーの目的忘れてる」と批判も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ANZEN漫才 みやぞん」公式ツイッターより

 8月25、26日に放送される『24時間テレビ41 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーが、『世界の果てまでイッテQ!』(同)のなかで発表された。今回ランナーを担当するのは、ANZEN漫才のみやぞんだ。指名を受けて、強い意気込みを見せたみやぞんだが、インターネット上ではさまざまな声が上がっている。

 6月3日放送の『イッテQ!』では、出演者一同が部屋に集められ、出川哲朗がマラソンランナーの名前を発表した。内村光良や宮川大輔がランナーと思わせるようなフェイントを織り交ぜた出川だが、最終的に今回のランナーはみやぞんであることを明かした。

 出川から「(ランナー担当について)ガチで何も聞いてなかった?」と尋ねられると、みやぞんは「まったく何も知らないです!」と即答。番組史上初の「トライアスロン形式」で行われると聞いて驚愕の表情を見せたが、「やっぱり『イッテQ!』を背負ってるっていうのがありますから、泣き言は言えないなと思って」「やってみようと思います!」と笑顔で快諾した。

 みやぞんは『イッテQ!』の企画「世界の果てまでイッタっきり」のなかで、驚異的な身体能力をたびたび披露しているが、今回の企画に関しては、みやぞんを心配する人も多いようだ。ネット上では、「いくらみやぞんが身体能力高いからって、トライアスロンはやりすぎ」「真夏にトライアスロンやるのは過酷すぎる。さすがにみやぞんが可哀想」「24時間走り続けるだけでも相当キツいのに、水泳やバイクまで追加したら事故が起こる気がする」と懸念する声が続出している。

 インパクト重視の競技選択についても、「チャリティー本来の目的を忘れている」「間寛平が走っていたころのチャリティー精神は、もうなくなっていると思う」「話題集めでハードな競技を選択したのがミエミエ」など、日本テレビへ批判の声が相次いでいる。

 一方で、「チャリティーマラソン」に出演する芸能人たちの“やる気”を高く評価する声もある。過酷な競技に挑むみやぞんはもちろん、同企画初の役職である「応援団長」に就任した出川や、メインパーソナリティーを務めるSexy Zoneの菊池風磨に注目した人も多いようだ。

 菊池は6月3日に行われた記者会見で「一緒に気合いを入れてトレーニングしたいと思います」と、体を張ってみやぞんをサポートしていく熱意を見せている。ネット上では「出演者も全員やる気バッチリだし、みやぞんには完走してほしい」「出川が応援団長なのはピッタリだと思う」「みやぞんも風磨くんもどっちもがんばれ!」「めちゃくちゃハードな企画だから、挫けずにがんばってほしい」と、出演者たちを応援する声も散見される。

 過酷な展開が予想される今年の「チャリティーマラソン」。果たして、みやぞんは無事に完走できるのだろうか。
(文=編集部)

みやぞん、24時間ランナー「トライアスロン」に「チャリティーの目的忘れてる」と批判ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、24時間テレビANZEN漫才みやぞんイッテQトライアスロンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!