NEW

ライザップ、「利益かさ上げ経営」で巨額有利子負債

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライザップ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 トレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」を展開するRIZAPグループの株価が急騰した。5月29日に一時、前日比277円高となり、終値は16%高の1987円、上昇率は全市場で5位だった。ヘッジファンドなど短期筋からの買いが集まり、売買高は254万株と前日の18倍になった。翌30日は2000円をつけた。今年の高値は1月30日の2198円である。

 同社は5月28日の取引終了後、カルビーの会長兼最高経営責任者(CEO)である松本晃氏を6月24日付で代表取締役兼最高執行責任者(COO)に招くと発表した。創業者である瀬戸健社長は代表取締役社長兼CEOとなる。「プロ経営者」として知名度の高い松本氏がCOOに就任することが買い材料となった。

 同時に、7月31日時点の株主に対して1株を2株とする株式分割を実施すると発表した。創業15周年を記念して特別の株主優待も行う。

 さらに公募増資を実施する。2027万株の公募と上限303万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行い、最大394億円を調達する。発行済み株式数は現在に比べ約9%増える見込みだ。

 大型の公募融資は既存の投資家から嫌気されやすい。保有する株式の価値が希薄化するためだ。ところが、RIZAPグループの場合は買われた。東証1部への市場の指定替えの思惑と松本氏への期待が高いからである。

 過去3年間に、2015年1月1日、同年5月1日、17年10月1日を、それぞれ基準日に、1株を2株とする株式分割を実施した。これで15年半ばから株価が上昇していく。株式分割修正後の株価で換算すると、14年2月4日に50円だった株価が、15年5月26日に545.2円へと上昇。さらに17年11月24日には3090円に急騰。14年の底値からみて62倍になった勘定だ。

 同社は札幌証券取引所アンビシャスに上場しているが、公募増資を機に株式の流動性を高め、東証1部に指定替えを狙う計画だ。東証1部上場に向けての切り札が、松本氏のCOO招聘にほかならない。

ライザップ、「利益かさ上げ経営」で巨額有利子負債のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、M&Aプロ経営者ライザップ株式市場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!