NEW

JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき“激走穴馬”

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
週末の宝塚記念は波乱必死!

 いろいろな出来事があった2018年も、いよいよ半分が終わろうとしている。JRA(日本中央競馬会)も、今週末の宝塚記念が春のG1レース最終戦となるが、その前にこの上半期の競馬を振り返ってみよう。

 2018年最初のG1レースであるフェブラリーステークスはノンコノユメが優勝、鞍上の内田博幸騎手と共に見事な復活を見せた。続く春の短距離王決定戦、高松宮記念はゴドルフィンのファインニードルが優勝し、馬券は前年比12%を超える売り上げの伸びを記録。そして大阪杯は4歳馬スワーヴリチャードが優勝し、4歳世代の強さを証明した。

 4月に入り、3歳クラシック戦線が開幕。その初戦となる牝馬クラシック第1弾の桜花賞は、無敗の2歳女王・ラッキーライラックをアーモンドアイが圧倒的な強さでねじ伏せ、牝馬1冠を獲得した。アーモンドアイの父親は新種牡馬のロードカナロアで、初年度からG1馬を輩出したのである。続く皐月賞でも、新種牡馬であるオルフェーヴル産駒のエポカドーロが優勝、近年不振の戸崎圭太騎手は約2年ぶりのG1優勝となった。

 春の天皇賞はレインボーラインが年長者の意地を見せつけG1で初勝利したが、同馬はレース後に脚部不安を発症し、引退と種牡馬入りが決定。3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップはケイアイノーテックが優勝したが、鞍上の藤岡佑介騎手はこれがJRAのG1初制覇だった。

 皐月賞の翌週に武豊騎手が2週間の騎乗停止処分を受け、天皇賞(春)とNHKマイルカップに騎乗できなかった。だが、騎乗予定だったケイアイノーテックがNHKマイルカップで優勝するという皮肉な結果となった。

 春のマイル女王決定戦であるヴィクトリアマイルを制したのはディープインパクト産駒のジュールポレール。今年ディープインパクト産駒は大舞台で結果を残せていなかったが、これが2018年のG1初勝利。牝馬クラシック第2戦の優駿牝馬(オークス)はアーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレの3強対決が話題になったが、結果はアーモンドアイが圧勝で見事に2冠を達成し、秋に向けて前途洋々といったところだろう。

“平成最後のダービー”といわれた第85回東京優駿(日本ダービー)は、福永祐一騎手騎乗のワグネリアンが優勝。福永騎手はデビューから20年で悲願のダービー優勝を成し遂げ、大きな話題となった。また、ワグネリアンのオーナーである金子真人氏は、通算ダービー4勝という栄誉を手に入れたのである。春のマイル王決定戦である安田記念は、フランケル産駒のモズアスコットが連闘(2週連続出走)で勝利と衝撃の強さを見せつけた。

 そしていよいよ今週末には、春競馬を締めくくるグランプリの宝塚記念が行われる。ファン投票1位はサトノダイヤモンドだが、同馬は1年以上勝利がなく、前哨戦の大阪杯も7着と敗退している。さらに、昨年の菊花賞馬・キセキも連敗中と、人気馬に不安があり、この春最大の難解レースともいわれている。加えて、宝塚記念は過去10年で1番人気がわずか2勝と波乱が続出しており、過去のデータと今年のメンバーから波乱は必至だろう。

 しかしこんな難解なレースを的中させることができれば、春競馬をキレイに締めくくるだけでなく、大きな副収入となることは間違いない。そこで、この宝塚記念を的中させたい競馬ファンに向け、とっておきの情報を紹介したい。

 それが最強の競馬関係者集団による「宝塚記念内部情報の無料提供」だ。この集団は、競馬関係者は誰もが知るであろう大物関係者が所属する「競馬セブン」である。

ヴィクトリアマイルは40万9000円の払い戻し!

 彼らは創業21年の歴史を持ち、徹底した現場主義で「騎手・調教師・生産界」から本物の内部情報を収集。総監督を務めるのは元JRA騎手でJRA競馬学校の教官も務めた徳吉一己氏。福永祐一騎手や池添謙一騎手などのトップジョッキーを育てた鬼教官として知られる。さらに、競馬記者暦40年以上の古川幸弘氏、名馬・タマモクロスを手掛けた小原伊佐美氏や嶋田潤氏といった元JRA調教師、元札幌馬主会理事の斉藤隆氏、元社台スタリオン荻伏場長の林勲氏など、トップ中のトップといえる関係者が所属。加えて全国の競馬施設を数百人規模の情報網でカバーし、万全の態勢で日々競馬情報を収集している。これまで、競馬界に貢献するだけでなく、この春はヴィクトリアマイル(4090円)やオークス(3360円)など多くの馬券的中というかたちで競馬ファンにも貢献してきた。その競馬セブンが、並々ならぬ決意でこの宝塚記念に挑むというのだ。

今回の無料提供企画は、夏競馬を盛り上げるためのものです。宝塚記念に多くの競馬ファンに参加していただき馬券を的中させ、その勢いで夏競馬も楽しんでほしいと考えています。これは多くの競馬関係者が考えることで、皆さんからも共感を得ています。だからこそ、本物の情報が集まってくるのです」(競馬セブン担当者)

 無料だからといっても、いい加減な情報ではない。その証拠に彼らはこの宝塚記念について以下のように語っている。

「過去10年、1番人気で勝ったのはゴールドシップとオルフェーヴルのみです。昨年は、断然1番人気に推されたキタサンブラックが馬群に沈み9着でした。ここ3年の勝ち馬は、サトノクラウン(3番人気)、マリアライト(8番人気)、ラブリーデイ(6番人気)となっており、1番人気の信頼度は高くありません。

 実は、我々はすでに「有力馬をまとめて負かす」と豪語する陣営の勝負情報を入手済みです。この人気薄確実な“激走穴馬”がレース最大のカギを握る存在で、この馬を知れば好配当的中は目前です。今回、この情報を3点勝負で無料提供します。馬券を購入するなら、必ず事前にご確認ください。前哨戦の鳴尾記念も5690円的中しており、確信の提供となります」(同)

 これは絶対にチェックするべき最強の情報といえよう。しかも競馬セブンは、前述した夏競馬に向けても自信を示す。

「夏競馬といえば、昨年も16本の万馬券を的中させた、“万馬券の宝庫”である北海道シリーズが開幕します。一般紙には載らない、外厩仕上げの誰も知らない勝負馬や、洋芝狙いで遠征させる隠し玉勝負馬など、とっておきの情報が盛りだくさんです。さらに、夏の福島と中京開催も必見、春以上に稼げるのが夏競馬です。ぜひこちらもご期待ください」(同)

 宝塚記念が終わっても、さらに競馬が盛り上がっていくことだろう。こういった本物の情報をスポーツ紙や競馬専門紙といったマスコミで入手するのは難しい。競馬セブンは相手から情報が届くような関係にあるが、マスコミは自らの脚で取材に行かなければならないからだ。それには時間も人員も圧倒的に不足しており、すべての情報収集ができない状況にある。

 ゆえに宝塚記念、そして夏競馬は競馬セブンの情報があれば万全であり、逆に他の情報は不要といえるだろう。この夏は競馬セブンから目が離せない。今すぐ無料情報をチェックしよう。
(文=編集部)

CLICK → 「無料公開!宝塚記念3点勝負馬券」競馬セブン

JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき“激走穴馬”のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAキセキサトノダイヤモンド宝塚記念武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事