NEW

あまりに巨大で変化の必要に迫られない日大は、変革も凋落もしない…田中理事長も安泰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本大学の田中英寿理事長(写真:毎日新聞社/アフロ)

 日本大学アメリカンフットボール部員の試合中の粗暴な反則から始まった騒動も一巡したようだ。テレビ番組はもとより、新聞や雑誌でも扱いはめっきり小さくなった。
 
 それでも日本大学関係者には大きな衝撃を与えたようで、現在でもOBと思しき方々から質問の電話やメールを頂戴する。内容は大別すると以下の2つだ。

「日大は凋落してしまうのか」(法学部OB)
「この事件を契機に日大は変われるのか」(芸術学部OB、文理学部OB)

 これも5月25日に当サイトに掲載された筆者へのインタビュー記事の影響であろう。おそらく良識ある数多くの日大出身者、関係者は同様の懸念や不安を抱いているものと思われる。そこで推察を交えつつ、上記質問の回答を考えてみたい。

凋落はするのか?


 まず、日大が今回の不祥事を契機にして凋落してしまうのか、という問いだ。

 もちろんダメージはある。今年度の入試で看板学部や人気学科以外の受験者数の減少や、難易度の低下は見られるかもしれない。だが、日東駒専と呼ばれる首都圏有力私大の括りから離脱、転落するようなことにはならないだろう。

 なぜなら大学の序列とは企業以上に固定化されているからだ。第2次ベビーブーム世代による最後の受験戦争時代から昨今の厳冬の時代まで、かれこれ四半世紀にわたり大学の消長は見ているが、特に上位から中位クラスの大学の序列には、ほとんど変動がない。このクラスの大学は、ほとんどが長い歴史と、それに見合う実績を有しているからだろう。そして、その認識は受験生のみならず、保護者、進路指導の担当者に共通しており、半ば常識にもなっている。

 また、大学の一運動部、言い換えれば組織内のひとつのパーツが引き起こした事件は、当該の大学全体の評価や信用を大きく毀損することにはつながらないものだ。このあたりは過去に早稲田大や慶應大などの学生サークルが引き起こした破廉恥な事件からも明らかだ。大学のブランドを決定的に失墜させるものを挙げるとすれば、受験そのものの大がかりな不正だろう。基本的なシステムの信用を喪失させるような不祥事を引き起こさない限り、いったん大学が得た地位は簡単に変動するものではない。

あまりに巨大で変化の必要に迫られない日大は、変革も凋落もしない…田中理事長も安泰のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、入試日本大学アメリカンフットボール部員田中英壽理事長の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事