NEW

テレビ朝日の社内アンケートで浮き彫りになったマスコミのセクハラ体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

テレビ朝日の社内アンケートで浮き彫りになったマスコミのセクハラ体質の画像1
左上・「週刊文春」(文藝春秋)2018年5月31日号/右上・「週刊ポスト」(小学館)2018年6月22日号/右下・「週刊文春」(文藝春秋)2018年6月14日号

 福田淳一前財務次官によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ問題。この事件では、上司にセクハラの報告があったのにも関わらず、それに対して適切な対応をしていなかったテレビ朝日側の問題も浮き彫りになったが、それをきっかけにテレビ朝日内で行われたセクハラに関する調査で、更なる問題が浮き彫りになったようだ。「週刊ポスト」(小学館)2018年6月22日号には、テレビ朝日の労働組合による「組合ニュース」(5月17日発行)に掲載された、驚かずにはいられない内部情報が暴露されている。

 福田前財務次官のセクハラが明るみになり、角南源五社長が会見を開いた直後、テレビ朝日では「ハラスメントに関するアンケート」という無記名アンケートが行われたのだが、そこで表面化したのは、「社外」との関係で起きたセクハラもさることながら、「社内」の関係で発生したセクハラ被害だった。女性回答者126人のうち、社外関係者からセクハラを受けたと回答したのは43人で34%だった一方、社内関係者からセクハラを受けたと答えたのは71人で56%にも及んだという。

テレビ朝日の社内アンケートで浮き彫りになったマスコミのセクハラ体質のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事