NEW

手越祐也の飲酒問題は総スルー、「手越なら仕方ない」を通してしまうジャニーズとテレビ局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

手越祐也の飲酒問題は総スルー、「手越なら仕方ない」を通してしまうジャニーズとテレビ局の画像1
Johnny’s net より

 6月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、未成年女性との「飲酒パーティー」が報じられた手越祐也(30)。同記事の掲載内容が事実であるならば、ここ最近のジャニーズ事務所所属タレントの醜聞を踏まえても、本人の謝罪コメントと事務所による厳重注意があっても良さそうなものだが、事務所としては“総スルー”、つまりなかったことにするという方向で固まったようだ。日本テレビのW杯キャスターとして起用されており、多岐に渡るPR活動をしているため、問題に正面から向き合うわけにはどうしてもいかない事情があるのだろう。

 手越祐也は6月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に通常通りレギュラーとして出演。さらに6月20日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)にもW杯のPRのためスペシャルゲストとして登場する。

 同じように未成年のいる飲み会への参加が発覚して活動自粛中の小山慶一郎(34)、厳重注意となった加藤シゲアキ(30)と、手越祐也のケースはどこが違うか。小山と加藤はいずれも、未成年女性が参加していたとは知らなかったと弁明している。小山の場合は、飲み会の主催者であったこと、コールで一気飲みを煽っていたこと、そして報道番組のニュースキャスターという仕事をしていることを重く見たようだ。加藤もその場にいたことでスルーというわけにはいかなかった。ただ、加藤は名前が取り沙汰されたといっても、7月からの主演ドラマは予定通り進行中で、実質的な処分は何もない。

Pick Up News

手越祐也の飲酒問題は総スルー、「手越なら仕方ない」を通してしまうジャニーズとテレビ局のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事